FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 251

杉並区和泉 大円寺
  大円寺①
 杉並区和泉三丁目の路傍に見えるのは大円寺の山門である。
  大円寺②
 山門の両脇では仁王像が睨みを利かせている。これは吽形像。
  大円寺③
 山門をくぐると六地蔵が迎えてくれる。
  大円寺④
 本堂の唐破風には三つ葉葵の紋の下に丸に十の字の島津家の紋が見える。大円寺は徳川家康所縁の寺であるとともに、島津家の菩提寺でもあったのだ。
  大円寺⑤
  本堂の左手には地蔵堂がある。おや?地蔵堂の右手に石仏が並んでいるではないか。
  大円寺⑥
 一番手前に青面金剛が祀られている。厳しい陽射の下、樹木の影があり難しい撮影条件であるが、何とか撮ってみた。右上部が欠けてしまっているが、彫りの細かな見事な像である。
  大円寺⑦
 右手に持つ剣は折れているが、左手でショケラを持つ剣人像である。三眼の憤怒の形相である。ショケラの顔も丁寧に彫り込まれている。
  大円寺⑧
 邪鬼の顔、手の指先まで細かく彫り込んでいる。細かな作業が得意な石工の手によるものだろう。残念ながら石工名、造立年は分からなかった。
  大円寺⑨
 青面金剛の奥にある仏画である。観音像だろうか。
  大円寺⑩
 下を見ると「窪世祥」とある。江戸の名石工の手によるものである。
  大円寺⑪
 大円寺参詣の後、堀ノ内の気になっていた場所を訪れた。これは201778日号で報告した堀ノ内一丁目の路傍の店舗である。この店舗の右側には地蔵菩薩と青面金剛が祀られていた。
  大円寺⑫
 店舗は営業を終えており、上の石仏群がどうなったのか、気になっていた。
  大円寺⑬
 最近撮影した堀ノ内一丁目の様子である。店舗の跡にはマンションが建てられたが、その横に地蔵菩薩が見えるではないか。
  大円寺⑭
 マンションの入口から良く見えるようになっていた。雨ざらしになってしまったが、現地に残され何よりである。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -