Landscapes by the roadside

路傍学会


界隈のLandscape 14

文京区白山 白山一丁目界隈
 2016824日号で、白山神社の国旗掲揚塔は白山三業組合が建てたものであることを報告した。戦災を免れた三業地の今を見に出かけてみた。
   白山1丁目①
 文京区白山一丁目、石畳が残る路地である。ここの路地は直進することが難しい。
  白山1丁目②
 狭い路地が広くなっているところにスナックがあった。看板に路地のスナックとある。
  白山1丁目③
 路地を辿っていくと防火と書かれた提灯の先に風情のある建物が現れる。
  白山1丁目④
 小窓には凝ったガラスがはめ込まれている。
  白山1丁目⑤
 勾欄を支える金具にはMODAN の文字が並ぶ。
  白山1丁目⑥
 この金具の上の勾欄には料亭の名前が切り抜かれている。玄関前には黒塀が残っていた。
  白山1丁目⑦
 また路地を辿っていくと、右手に縦格子の付いた家がある。
  白山1丁目⑧
 玄関上の曲面は竹で押さえている。ブロックの使い方も面白い。ここも元料亭である。
  白山1丁目⑨
 こちらは元待合である。細部までこだわりを持った造作である。
  白山1丁目⑩
 勾欄である。繊細な透かしが入っている。この建物は現在、撮影スタジオとして使われている。この他にも三業地の残影はあるのだろうが、白山一丁目のこの界隈はまさに迷宮であり、全貌は把握できない。花街が栄えた時分は狭い路地を多くの嫖客が行き来したのであろう。
  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -