FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


界隈のLandscape 12

江東区亀戸 亀戸三丁目界隈
   亀戸3丁目①
 江東区亀戸三丁目、亀戸天神裏の路傍である。この建物は平成9年までは見番であり、現在は地元町会の会館となっている。入母屋の屋根に風情が漂う。亀戸のこの界隈は、「遊園地」と呼ばれた花街であった。三業通りと呼ばれた花街のメインストリートを中心に料亭が軒を連ねたという。その痕跡を訪ねてみた。
  亀戸3丁目②
 元見番近くの建物である。元料亭である。格子のはまった窓など、料亭の雰囲気が残っている。
  亀戸3丁目③
 天神湯という銭湯はいつの間にかマンションに変わってしまった。残念な気もする。
  亀戸3丁目④
 このマンションの裏手のアパートである。渋い扉にはスプライト、キリンレモン、オロナミンCのシール、地はペプシコーラと見た。
  亀戸3丁目⑤
 近くの2軒長屋である。美術工芸社と読める。何を作っていたのか、気になるところである。
  亀戸3丁目⑥
 こちらは塗装店である。狭い所で様々な商売が展開され、活気に満ちた一角だったのであろう。
  亀戸3丁目⑦
 この建物も料亭ではないだろうか。窓の配置が面白い。中の部屋はどのようなしつらえになっているのだろう。覗いてみたい。
  亀戸3丁目⑧
 蕎麦屋である。昭和の初めからの営業という。神田の蕎麦屋と関係があるのか。花街の盛衰を見てきた店である。
  亀戸3丁目⑨
 蕎麦屋の隣の薬局の看板である。一世を風靡したホイホイである。花街の匂いを探る調査はまだ続く。
  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

  1. [ 編集 ]
  2. 2018/03/21(水) 22:58:12 |
  3. URL |
  4. kozoh55
色街跡で来ましたか~嬉しいですね。
私もこの場所は2回目かの訪問で、やっと色街残照としての風情を
いくつかの建物から感じた記憶があります。
小岩、新小岩、亀戸、赤線はそれぞれにあったようですね。
そうですか、あの建物がつい最近まで見番だったなど、
知る由も無かったです。
色街系は洲崎、玉ノ井、鳩の街など、最後の場所として
何度も何度も行きましたが、
行くたびに残照から、何もなくなってしまう、そんな事ばかりです。
寂しいですが、そんななかでも探し続けるのが醍醐味です。
一緒に探し続けましょうね。
またお邪魔します、路傍学会会長様

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2018/03/22(木) 19:09:10 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
kozoh55 様
コメントありがとうございます。
以前、当ブログで報告した洲崎パラダイスでも花街の面影はほとんど失わていました。
もっとも、昭和の風情がそのまま残っていることの方が不自然であるとも思います。
都市が新陳代謝を繰り返す中、埋もれつつある花街の面影を探して出すのも、
街歩きの楽しみです。
これからもう少し花街の残影を紹介する記事が続く予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。
 路傍学会長拝

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -