FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


路傍祠のLandscape 25

市川市国分 青面金剛
   国分寺路傍祠①
 下総国分寺から国分尼寺へ向かって歩いて行くと、市川市国分五丁目の路傍に祠がある。
  国分寺路傍祠②
 ここには1983年にも訪れていた。その時撮影したスライドが上の写真である。のどかな雰囲気で、樹木も茂っている。鳥居は木製である。
  国分寺路傍祠③
 35年の間に、周辺には家が建つようになって落ち葉も迷惑がられ、樹木は伐採されたり、枝が切られたりしたのだろう。
  国分寺路傍祠④
 祠の中には青面金剛が祀られている。ショケラを持つ六臂の剣人像である。大変綺麗な像である。
  国分寺路傍祠⑤
 邪鬼と三猿である。造形的にも面白い像である。造立年は側面に彫ってあるようだが、よく見えずわからない。
  国分寺路傍祠⑥
 この路傍祠から北に20m程の所にも路傍祠がある。
  国分寺路傍祠⑦
 こちらは青面金剛の文字碑である。天明年間の作。祠の周りには綺麗な箒目が残っていた。
  国分尼寺跡⑧
 国分四丁目の路傍、国分尼寺跡公園である。1932年の発掘調査で金堂、講堂の基壇が確認されるとともに「尼寺」と書かれた土器が出土した。奥に見える一段高いところが金堂跡である。盃を逆さにしたような石は柱の位置を示しているのか。今は何も無いこの土地に奈良時代にはどのような伽藍が聳えていたのだろうか。
  鏡石⑨
 帰路、京成市川真間駅の近くで見かけた「鏡石」である。江戸名所図会には、弘法寺より国分寺へ行く方の田の畔、石橋の際の水中にあり、とある。何らかの理由でここに移されたのだろう。また、名所図会には「按ずるに、国分寺、古へ伽藍の石材なるべし」とある。どのような建物の礎石だったのだろうか。路傍学会の興味は尽きない。
  1. [ edit ]
  2. 路傍祠
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -