Landscapes by the roadside

路傍学会


地蔵尊のLandscape 31

杉並区今川 観泉寺門前
   観泉寺①
 杉並区今川二丁目の路傍、観泉寺の参道である。山門の奥に見える本堂は、明和元年に再建されたもので、杉並区内最古の大形木造建築であるという。
  観泉寺②
 観泉寺は「桶狭間の戦」で織田信長によって父義元を失った今川氏真を開基とする寺院である。
  観泉寺③
 参道を進むと左手に石造物が集められている一画が現れる。
  観泉寺④
 これは「原北向き地蔵尊」である。昭和53年に杉並区西荻北四丁目から移されたものである。
  観泉寺⑩
 こちらは「三谷子育地蔵尊」。昭和56年に杉並区桃井四丁目から移されてきたものである。
  観泉寺⑤
 瓦屋根に守られて青面金剛が並んでいる。
  観泉寺⑥
 これは左から2番目の青面金剛である。三眼の憤怒の相である。正徳年間の作。
  観泉寺⑦
 左から3番目の青面金剛の三猿である。ユーモラスな表情である。貞享年間の作。いずれの庚申塔、馬頭観音も区内各地から道路拡幅などのためにここに集められたものである。
  観泉寺⑧
 文字がよく読めないが、猫の供養塔か。首の飾りがおしゃれである。
  観泉寺⑨
 こちらは庚申塔群の後ろの陽だまりで昼寝をしている猫である。
  1. [ edit ]
  2. 地蔵尊
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30