FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


門のLandscape 36

三鷹市井の頭 井の頭弁財天黒門
   井の頭弁財天①
 三鷹市井の頭四丁目の路傍である。目の前にあるのは笠木が反った明神鳥居かと思いたくなるが、これは井の頭弁財天の参道入口の門「黒門」なのである。
  井の頭弁財天②
 黒門の左手に建つ石柱である。「神田御上水源 井の頭弁財天」と刻まれている。井の頭弁財天への道標なのである。右側面には「是より社まで一丁半」とある。この参道は長さが一丁半あるということになる。2段の台石には、劇場や俳優の名が刻まれている。
  井の頭弁財天③
 すぐ隣にある小さな祠には大黒天の石像が祀られていた。
  井の頭弁財天④
 参道を進むと前に大盛寺が見えてくる。画面右手前に見える石灯篭の先右側に弁天堂に至る石段がある。右の石灯籠は文化年間に奉納されたもので、台石には「両国講中」とある。
  井の頭弁財天⑤
 石段の上から見た弁天堂である。木立で見にくいが、太鼓橋の向こうに赤い社が見える。
  井の頭弁財天⑥
 上の図は江戸名所百景「井の頭の池弁天の社」(部分)である。太鼓橋と社の位置関係は今と同じように見える。
  井の頭弁財天⑦
 社殿の脇の宇賀神である。以前は大盛寺の門前の「井之頭弁財天石鳥居講中」碑の上に据えられていたが、近年、現在地に移された。
  井の頭弁財天⑧
 「井の頭」という名称は三代将軍家光によって名づけられたものと伝えられ、自ら小刀で弁財天の傍らの辛夷の木に「井頭」と刻んだとも伝えられる。上の写真は、その伝承を記した石碑である。この碑の近くには、地元ロータリークラブから寄付された辛夷の木が植えられているが、生育状態はよろしくない。
  井の頭弁財天⑨
 外来魚の駆除と水質の改善を図るため、井の頭池では「かいぼり」が行われており、水が抜かれている。3月初旬まで池干しが続けられるという。
  井の頭弁財天⑩
 訪れた日(211日)には井の頭公園の西園で、オリンピアンを招いて東京2020ライブサイトin2018が開催されていた。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -