Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 186

中野区天沼 天沼一丁目十字路角
   天沼一丁目庚申塔①
 中野区天沼一丁目の十字路の路傍に樹木が生えたポケットパークのような場所がある。
  天沼一丁目庚申塔②
 歩いて行くと、石造物が見えてくる。
  天沼一丁目庚申塔③
 二つの覆屋の下に5基の石仏、石柱がある。
  天沼一丁目庚申塔④
 中央は享保年間の地蔵菩薩である。六道衆生を救済して下さる。左の石柱は百番観音供養塔で、右は光明真言供養塔か。撮影していたら、小さな子が不思議そうに覗きにきた。1眼レフが珍しいのかもしれない。
  天沼一丁目庚申塔⑤
 青面金剛が二基並んで祀られている。共に笠付きの角柱型で、六臂の合掌像である。左は元文、右は宝永年間の作。
  天沼一丁目庚申塔⑥
 宝永年間の象である。こちらの像には邪鬼がいない。ここにある石仏等は、いずれも土地区画整理の際に集められたものである。この広場の一角にある区画整理事業の記念碑は、区画整理が完了した昭和13年に建てられたものであり、石仏などは80年以上ここにおわすことになる。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30