FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 181

草加市遊馬町 遊馬町東交差点
   遊馬町庚申塔①
 草加市遊馬町、遊馬東交差点の路傍である。交差点の東脇、遊馬ふれあい小路の看板の後ろに何やら石造物が見える。
  遊馬町庚申塔②
 回り込んで見ると、3体の石像があった。こうした出会いは大変嬉しい。後ろに見える用水路の蓋掛け暗渠がふれあい小路か。
  遊馬町庚申塔③
 大型のショケラを持つ六臂の剣人像である。よく見ると邪鬼は仰向けで、顔を踏まれているようだ。これは辛そうだ。文化年間の作。
  遊馬町庚申塔④
 左の青面金剛は六臂の合掌像である。
  遊馬町庚申塔⑤
 顔と合掌した手は失われている。
  遊馬町庚申塔⑥
 邪鬼は不機嫌そうな顔で正面を向いている。三猿は菱形パターンである。
  遊馬町庚申塔⑦
 往来を見守る中央の像は上半分ほどしか見えないが馬頭観音だろうか。正徳の年号が読み取れる。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -