Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 180

川口市榛松 榛松不動院
   榛松不動院①
 川口市榛松二丁目の路傍、榛松不動院の門前である。
  榛松不動院②
 山門の左手に庚申塔群が祀られている。
  榛松不動院③
 5基の像があるが、左端の像は酷く傷んでいる。
  榛松不動院④
 左端の像である。上部が欠損しているが、青面金剛の足元に髪を振り乱した丸い顔の邪鬼である。その下は三猿のうち左の二猿だろうか。右の猿は塔が破損した時に欠けてしまったのか。中央の猿は御幣を持っている。個性的な像であったのではないか。全体像が見てみたかった。
  榛松不動院⑤
 中央の青面金剛は珍しい四臂の合掌像である。穏やかな顔である。 延宝年間の作。右の像は、左手に鈴、右手にショケラを持つ六臂像である。寛保年間の作。
  榛松不動院⑥
 上の中央の像の二鶏と三猿である。邪鬼はいない。三猿はユーモラスである。
  榛松不動院⑦
 右から2番目の像である。六臂の合掌像で、蛇を頭に乗せ三眼で睨んでいる。元文年間の作。
  榛松不動院⑧
 上の像の邪鬼と三猿である。逆三角形の顔をした邪鬼は珍しい。三猿は懸命に体をかがめている。
  榛松不動院⑨
 一番右にあるのは、三面六臂の馬頭観世音である。後ろの手は左右とも肘が直角に曲がっている。寛保年間の作である。
  榛松不動院⑩
 山門を通って境内に入ると六地蔵が静かに佇んでいた。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

  1. [ 編集 ]
  2. 2018/01/17(水) 09:42:34 |
  3. URL |
  4. 雨宮清子(ちから姫)
石造物に花が添えられているのはいいですね。
私の老後の夢は、といってもすでにそうですが、毎朝、小さなお堂の掃除と石造物にお花を供えることなんです。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2018/01/17(水) 19:25:36 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ちから姫 様
コメントありがとうございます。

遠い昔に造られた石仏に今でも花が供えられています。
現代の人々の心をも引き付ける力があるのだと思います。
花を供えると心が安らぎますね。
 路傍学会長拝

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30