FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


煉瓦のLandscape 6

葛飾区西水元 閘門橋
   閘門橋①
 葛飾区西水元六丁目、東京都と埼玉県との境を流れる大場川に架かる閘門橋である。橋の先に見える樹林は、今年の122日号で報告した都立水元公園内の浅間神社の跡地である。
  閘門橋②
 橋の竣工銘板には明治42年と刻まれている。地元の水利組合によって造られた、都内に現存する数少ないレンガアーチ橋である。現地の説明板によると「閘門」とは、水位、水量等の調節用の堰のことで、古利根川の逆流を防ぎ、水田の水源確保などのために造られたものという。上流側と下流側でアーチの数が異なる珍しい構造の橋梁である。
  閘門橋③
 こちらは下流側である。アーチ両側の柱には堰板を落とす溝がある。
  閘門橋④
 アーチの上のブロンズ像は、閘門の堰板を巻き込んでいる姿である。
  閘門橋⑤
 橋の中ほどから見た大場川の上流方向である。
  閘門橋⑥
 橋脚の下部である。長い年月の中で煉瓦が抜け落ちた跡も見える。この閘門橋で使われている煉瓦は、かつて東金町八丁目の旧金町関所付近にあった金町煉瓦株式会社で製造されたものである。
 金町には、金町煉瓦株式会社製の煉瓦を用いた建造物がもう一つある。次号で紹介したい。
  1. [ edit ]
  2. 煉瓦
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

路傍学会長さんへ

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/12/31(日) 05:43:02 |
  3. URL |
  4. たっつん
今年もお世話になりました。
よいお年をお迎えください。

Re: 路傍学会長さんへ

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/12/31(日) 09:17:39 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
たっつん様
こちらこそ、お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 路傍学会長拝

ここは忘れられない場所です

  1. [ 編集 ]
  2. 2018/01/02(火) 17:31:18 |
  3. URL |
  4. kozoh55
私がたどり着いたのは、水元公園を一通り回ってからの
もう6時近くでした。
薄暗い中で現れた煉瓦橋の美しさに、
見とれてしまいました~
現存していることに驚きを感じ、
これほどの建築物があまり知られていないことに
不思議さも感じました。
年の瀬にこの場所を紹介されるとは、
粋な計らいに感謝です。
あけましておめでとうございます、路傍学会長様、またお邪魔します。

Re: ここは忘れられない場所です

  1. [ 編集 ]
  2. 2018/01/02(火) 17:45:37 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
kozoh55様
明けましておめでとうございます。
水元の閘門橋がそれほど思い出の場所であったとは。
今年も身の回りの風景を紹介してまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 路傍学会長拝

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -