FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


界隈のLandscape 11

墨田区両国 本所松坂町公園界隈
   両国①日大講堂 
 墨田区両国二丁目の路傍である。1983年に撮影した旧国技館(日大講堂)である。解体が始まったと聞いて、慌てて撮影した1枚である。
  両国②
 旧国技館が建っていた場所の現在である。
  両国③シティコア
 跡地に建ったビルの中庭である。駐輪場となっていて見にくいが、旧国技館の土俵の位置がステンレスの枠で表示されている。
  両国④ももんじゃ
 国道を隅田川の方向に歩いていくと、こんな看板が現れた。猪がぶら下がっている。
  両国⑤
 「ももんじや」である。江戸から続くジビエ料理の老舗である。
 この度両国を訪れたのは本所松坂町公園に行くためである。元禄151214日、赤穂浪士が討ち入った吉良邸跡地に造られた公園である。
  両国⑥
 足を運んだ日は討ち入りの日に近く「元禄市」が開催されていた。きびだんごやおでん、生活用品など様々なものが沿道で売られており、大変な賑わいであった。
  両国⑦
 人込みを抜け、やっと吉良邸跡の松坂町公園前にたどり着いた。
  両国⑧
 園内には吉良上野介公の像が置かれ、その前には供物が並んでいた。
  両国⑨
 天保の時代から回向院の境内で相撲興行が行われており、両国は古くから相撲の町である。上の写真は出羽海部屋である。出羽一門の中心となる名門である。この他に両国には春日野部屋や二所ノ関部屋など多くの相撲部屋がある。
  両国⑩
 昨年11月にリニューアルされた両国駅舎内には土俵が設けられている。直径15尺の実寸大である。
  両国⑪
 土俵脇の店には日本酒の自動販売機があった。猪口を置いて酒を選ぶ。一杯200円から。冷えた体を温めて帰途に着いた。
  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

こんばんは。

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/12/20(水) 21:12:10 |
  3. URL |
  4. さとこ
お料理屋さんに猪がつりさげてあるのですか!
そして、お猪口を置いてお酒を選ぶ日本酒の自動販売機!
赤穂浪士の四十七士像は見たことありますが、吉良上野介公の像もあるのですね。

珍しいものがいっぱいで ビックリです。
ありがとうございました。


  

Re: こんばんは。

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/12/20(水) 22:35:50 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
さとこ様
コメントありがとうございます。

両国は江戸時代から繁華な町で、
色々な歴史の積み重なりが垣間見える面白い所です。
キョロキョロすると、楽しい街歩きができます。
 路傍学会長拝
 

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -