Landscapes by the roadside

路傍学会


塚のLandscape 59

中央区湊 鉄砲洲稲荷神社(その2)
   鉄砲洲稲荷神社①
 中央区湊一丁目の路傍、鉄砲洲稲荷神社である。この神社は2014119日号で取り上げている。その時、御鎮座1180年を祝う平成の大改修が計画されていることを報告した。富士塚の一時撤去後の復元が3月に終了したと聞いたので再び訪れた。
  鉄砲洲稲荷神社②2014
 これは201411月の姿。
  鉄砲洲稲荷神社③
 整備を終えた富士塚である。塚の山頂には末社「鉄砲洲富士浅間神社」が鎮座しているのは同じである。富士塚の周囲をぐるりと廻れるように舗装された。
  鉄砲洲稲荷神社④2014
 これも3年前の富士塚である。
  鉄砲洲稲荷神社⑤
 現在の富士塚である。江戸時代の講碑などは残したまま、再築された形である。塚の後ろも通れるようになり、その分、塚が小さくなったか。
  鉄砲洲稲荷神社⑥
 胎内窟も以前と同様に復元されている。一度撤去して積み直したようだが、以前の雰囲気は損なわれていない。末永くこの姿が保たれることだろう。
  鉄砲洲稲荷神社⑦
 富士塚の手前には2基の力石がある。それぞれ30貫で、それぞれに享保年間の年号が読み取れる。
  鉄砲洲稲荷神社⑧
 鳥居脇の狛犬は小首をかしげて可愛らしい仕草で参拝者を迎えてくれる。皇紀2600年記念の奉納である。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30