FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 150

港区愛宕 愛宕神社
   愛宕神社①
 港区愛宕一丁目、東京メトロの神谷町駅から愛宕神社に向かう。昭和5年に完成した愛宕隧道入口脇の階段の手前にある看板である。この階段を登ることはできない。看板の指示に従いトンネルを通り正面に向かった。
  愛宕神社②
 愛宕神社前の交差点から見た愛宕隧道である。23区唯一の山岳トンネルであるという。トンネルの上には放送博物館がある。
  愛宕神社③
 愛宕神社の参道入口である。奥に見えるのが出世の石段である。曲垣平九郎が馬に乗って駆け上がり梅の枝を取ってくることに成功し、その後出世したという逸話が残る石段である。
  愛宕神社④
 登ってみた。かなり急な石段で、息が切れた。
  愛宕神社⑤
 石段正面にある丹塗りの門である。蟇股に葵の紋が輝いている。
  愛宕神社⑥
 社殿の右手に建つ「起倒流拳法碑」と彫られた石碑の台座右側面の落ち葉をどけると几号が現れた。この几号は「不」の字形でなく「T」の字形になっている珍しいものである。
  愛宕神社⑦
 この碑の近くに三角点の標石がある。手前の鉄板の下に三等三角点がある。標高は25.7mである。江戸時代から愛宕山は山頂からの眺めの素晴らしさで有名な場所であり、「鉄道唱歌」の第1番にも「愛宕の山」と歌われている。
  愛宕神社⑧
 境内には曲垣平九郎の故事に因み「将軍梅」と名付けられた古梅もある。境内の南隣は東京放送局(JOAK)が1925年からラジオ本放送を発信した場所で、現在は放送博物館となっている。館内では昔のドラマの展示などもあり、懐かしい、楽しいひと時を過ごすことができた。
  愛宕神社⑨
 これは博物館内で撮影を許されている展示品の一つ、1932年のマイクである。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -