Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 174

松戸市中金杉 医王寺    
   医王寺① 
 松戸市中金杉の路傍、松戸七福神の一つ、毘沙門天を祀る医王寺である。
    医王寺②
 山門を通り本堂に向かう途中に元禄年間の地蔵尊と並んで青面金剛が祀られている。
  医王寺③
 青面金剛は二手像である。611日号で報告した安房須神社にも二手の青面金剛が祀られていたが、同じ石工の手によるものだろう。
  医王寺④
 邪鬼は主尊の両足を合わせた位の大きさで、安房須神社のものの特徴とよく似ている。安永年間の作である。
  医王寺⑤
 台石の三猿は半ば埋もれてしまっている。
  医王寺⑥
 傍らにはムラサキシキブが綺麗な実をつけていた。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30