FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 147

松戸市大谷口 大谷口神明神社
   大谷口神明神社①
 松戸市大谷口の路傍、大谷口神明神社である。
  大谷口神明神社②
 鳥居の手前、石段の両側には夥しい庚申塔が並んでいる。
  大谷口神明神社③
 鳥居をくぐって左手にある手水舎である。手水鉢が二つ並んでいる。享保年間の奉納である。
  大谷口神明神社④
 社殿の左側である。画面奥の柵は高圧線の鉄塔を廻る柵で、その右下にも多数の庚申塔が並んでいる。神明神社の百庚申は1858年から1863年までの5年間に206基建てられ、201基が現存しているという。百庚申の左には青面金剛なども祀られている。
  大谷口神明神社⑤
 一番左端にあるショケラを持つ六臂の剣人像である。大型のショケラは丁寧に彫られている。天明年間の作。
  大谷口神明神社⑥
 こちらもショケラ持ちの六臂の剣人像である。主尊は口を開け、何かを叫んでいるようだ。宝暦年間の作。
  大谷口神明神社⑦
 猿田彦大神である。猿田彦大神は天孫降臨の先導をした神で、神道で庚申の本尊としている。
  大谷口神明神社⑧
 上の像の三猿である。配置が面白い。不聞猿は片耳しか押さえていない。不言猿は何か楽しそうである。安政年間の庚申の年に建立されたものである。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -