FC2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


門のLandscape 35

越谷市越ケ谷 天嶽寺
   天嶽寺①
 越谷市越ケ谷の路傍、天嶽寺の参道入口である。1029日号で報告した越ケ谷久伊豆神社に隣接している。
  天嶽寺②
 入口の右手に庚申塚と呼ばれる小高い塚がある。塚の上には6基の青面金剛が祀られていた。
  天嶽寺③
 塚の裏側である。塚は強固な石垣に支えられている。
  天嶽寺④
 塚の下に建つ「猿田彦大神」の下方には「南こしかや(越谷) 北のし間(野島) い王つき(岩槻)」とあり、道標であったことがわかる。
  天嶽寺⑤
 参道の先に現れる黒門である。
  天嶽寺⑥
 4代の住職が天皇の皇子であったことから菊の紋章が屋根に付いている。
  天嶽寺⑦
 黒門の先にある赤門である。門前には狛犬がいる。この門は幕府から寺領高15石が寄進された時に建立が許されたものという。
  天嶽寺⑧
 梁の上から門を通る参詣者を見下ろしているのは赤鬼か。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:6

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/11/08(水) 22:28:04 |
  3. URL |
  4. 雨宮清子(ちから姫)
梁を支えているのは「力神」だと思います。
私はこの力神も好きなんです。
たいてい四隅にそれぞれおります。関西だったと思いますが、一人欠けているのは重さに耐えかねて逃げたためなんて話が残っています。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/11/08(水) 22:49:08 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ちから姫様
コメントありがとうございます。

「りきじん」というのですか。初めて知りました。
蟇股の位置で、一人で梁を支えていらっしゃいました。
まだまだ知らないことばかりです。
これからも色々教えて下さい。
 路傍学会長拝

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/11/10(金) 07:00:16 |
  3. URL |
  4. 雨宮清子(ちから姫)
「りきじん」ではなくて「ちからがみ」といいます。
全身を青く塗られたり金色だったり。
石の力神もいます。石灯ろうなんかを支えています。

神社仏閣は取り澄まして見えますが、あんがいユーモラスな仕掛けがあっておもしろいと思っています。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/11/10(金) 21:52:38 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ちから姫 様
重ねてのご教示ありがとうございます。

飯田市美術館研究紀要23(2013)などを見ますと
「力神」は「りきじん」よ読む場合もあるようです。
 路傍学会長拝

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/11/12(日) 00:16:17 |
  3. URL |
  4. 雨宮清子(ちから姫)
「りきじん」と読むところもあるんですね。
ありがとうございました。
「ちからがみ」のほかに、神社関係者は「力者=りきしゃ」という言い方もしていますので、「りきじん」もあってもいいですね。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/11/12(日) 00:32:50 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ちから姫 様
コメントありがとうございます。

いやー「力」の世界は奥が深いですね。
 路傍学会長拝

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -