Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 143

足立区竹の塚 西光院
   西光院①
 足立区竹の塚一丁目の路傍、西光院の山門前である。
  西光院②
 境内に入ると大きな大日如来座像の近くに二基の庚申塔が祀られている。左は舟形光背をつけた元禄の地蔵菩薩像である。手前に咲いているのは杜鵑草(ほととぎす)の花である。花被片にある斑点が不如帰(鳥)の胸にある模様と似ていることから名付けられたという。
  西光院③
 六臂の合掌像である。享保年間の作。
  西光院④
 柔らかな印象の像である。
  西光院⑤
 邪鬼の両側には鶏が彫られている。三猿は中央の不聞猿が一回り大きなデザインである。足立区の登録有形民俗文化財。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30