Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 143

千代田区岩本町 繁栄於玉稲荷大明神
   於玉稲荷①
 千代田区岩本町二丁目の路傍である。赤い幟が見える。
  於玉稲荷②
 繁栄於玉稲荷大明神である。この辺りには、江戸初期、不忍池よりも大きな「お玉が池」と呼ばれた池があった。池は元々桜が池と呼ばれていたが、池の畔にあった茶屋のお玉という女性が身を投げたとの故事からお玉が池と呼ばれるようになった。
  於玉稲荷③
 江戸名所図会に描かれたお玉である。優劣つけ難い二人の若者と心を通わせ、悩んだ末に池に身を投げたという。
  於玉稲荷④
 お玉が池は江戸の繁栄とともに埋め立てられ、跡形もない。社殿の右横には末社の弁財天が祀られている。この末社の前に金魚が泳ぐ小さな池がある。お玉が池を偲ぶよすがか。
  於玉稲荷⑤
 池が無くなってもなお、お玉が池の名前は長く使われている。お玉が池種痘所跡である。安政の時代に蘭学者が資金を出し合って種痘所を作ったところである。
  於玉稲荷⑥
 近くにある児童遊園にもお玉が池の名が冠せられている。神田お玉が池界隈の解説板もあった。
  於玉稲荷⑦
 坂本龍馬も通った「北辰一刀流」の道場もここにあった。千葉周作はお玉が池の先生と呼ばれていたという。
  於玉稲荷⑧
 会社の駐車場にもお玉が池の名が。
  於玉稲荷⑨
 岩本町二丁目にある銭湯の看板である。この路地を入ると「お玉湯」がある。
  於玉稲荷⑩
 繁栄於玉稲荷大明神は安政の大地震で焼失し、分社があった葛飾区新小岩の於玉稲荷神社へ本社を遷座した。新小岩四丁目の於玉稲荷神社である。この写真は4年前に撮影したものだが、社殿の朱が鮮やかである。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30