Landscapes by the roadside

路傍学会


界隈のLandscape 9

台東区台東 佐竹秋葉神社界隈
   佐竹商店街①
 台東区台東四丁目、佐竹秋葉神社の参道である。佐竹秋葉神社は、八百屋お七の放火による大火後、神田から当地へ移転した出羽久保田藩佐竹右京太夫の上屋敷跡に勧請された神社である。なお、神田の佐竹家屋敷跡には佐竹稲荷神社が現存していることを昨年の1218日号で報告した。参道は佐竹商店街と直行している。
  佐竹商店街②
 参道沿いで見かけた琺瑯看板である。迷惑駐車はいけません。
  佐竹商店街③
 精肉店の室外機である。懸命にファンが回っていた。
  佐竹商店街④
 アーケード入口の店舗である。あまり学生向けの店には見えなかった。
  佐竹商店街⑤
 昭和の香りがする甘味・軽食の店である。
  佐竹商店街⑥
 サンプルを見てみると、チャーハンが逆さになっている。もう提供していないという意味だろうか。
  佐竹商店街⑦
 これも懐かしい手作りカステラの店である。
  佐竹商店街⑧
 アーケードに吊るされた垂れ幕に、佐竹商店街は日本で2番目に古い商店街と書いてあった。歴史ある商店街にもシャッターが下りた店舗が散見されるようになった。地図を見ていたら、近くに別の秋葉神社があるではないか。
  秋葉神社⑨
 台東区松が谷三丁目である。奥に秋葉神社の鳥居が見える。鳥居の両脇の玉垣は皇太子殿下(今上天皇)御成婚記念で奉納されたものである。秋葉神社は、明治天皇の下命により、明治3年、宮城内紅葉山から鎮火三神を秋葉原の地に勧請したが、明治21年、上野駅から秋葉原駅までの鉄道の延伸に伴い現在地に遷座した。これが、秋葉原の駅名の由来である。ちなみに、秋葉大権現の秋葉は「あきは」であるが、江戸訛りによって、「あきば」と呼ばれたという。
  秋葉神社⑩
 社務所前にあった問題である。狭い世界の見識にとらわれてはいけないのである。
  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30