Landscapes by the roadside

路傍学会


建物のLandscape 12

中野区本町 象小屋
   象小屋①
 中野区本町二丁目の路傍の小さな公園である。
  象小屋②
 植込み地に立て札がある。
  象小屋③
 象小屋の跡を示す立て札である。江戸名所図会の明王山宝仙寺の項に「中野に象厩を建ててこれを飼はせられたりし」との記述があるが、その象厩(きさや)はここに建っていたのだ。中野には、将軍綱吉が犬小屋を作ったが、象小屋もあったのである。
   象小屋④享保14年渡来象之図
 象は、享保13年に中国人貿易商が安南から連れて来たもので、江戸へ向かう途中、京都で中御門天皇と霊元法王の謁見を受けた。この謁見に際し、朝廷はこの象を従四位に叙している。上の図は、国立国会図書館所蔵の「享保14年渡来」象之図である。京都で描かれた烏丸家蔵図を転写したものという。
  象小屋⑤浜離宮
 享保145月、江戸で将軍吉宗が上覧した後、象はしばらく浜御殿に飼われていた。上の図は東京都公園協会が作成した浜離宮の図面である。図の中央に朱色の線を引いた左に「象部屋」とある。享保14年から寛保元年、中野村の源助に下げ渡されるまでの10年余り、ここで象は飼育されていた。
  象小屋⑥
 中野に来た象は見世物にされたが、源助の管理が悪かったようで、寛保2年に象は21歳で死亡してしまった。子供が遊ぶこの公園に、どのような象小屋が建ち、人々はどのように見物していたのだろうか。幻の象厩である。路傍学会の興味は尽きない。
  1. [ edit ]
  2. 建物
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

建物のLandscape 11

台東区谷中 カヤバ珈琲
   カヤバ珈琲①
 台東区谷中六丁目の路傍、カヤバ珈琲である。
  カヤバ珈琲②
 大正5年に建てられた建物で、昭和13年に創業した老舗である。平成18年に一度閉店したが、21年に復活した。
  カヤバ珈琲③
 店先にはこのようなものが貼ってある。休みの日には入店待ちの行列ができるほどの人気店なのである。
  カヤバ珈琲④
 混雑を避けて平日の午前中に訪れた。まだ早い時間なので他に一組の客がいるだけだ。柔らかな光が差し込む店内は静かな落ち着いた雰囲気である。二階は畳敷きの座敷であるという。
  カヤバ珈琲⑤
 店内の柱である。長い歴史がしみ込んでいる。
  カヤバ珈琲⑥
 この店の名物のモーニングセットである。創業以来のレシピで作られたふわとろ「たまごサンド」である。ゆで卵をマッシュしてマヨネーズで和えたサンドと違い、玉子焼きをサンドしている。酸味のあるコーヒーに良く合う。この店の近くには伝統的なスイーツの名店もある。次の機会に行ってみたい。
  1. [ edit ]
  2. 建物
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

建物のLandscape 10

台東区谷中 みかどパン店
   みかどパン店①
 寺院が立ち並ぶ台東区谷中一丁目の路傍、大きなヒマラヤ杉が聳えている。
  みかどパン店②
 ヒマラヤ杉に曳かれるように歩いていくと、小さなパン店がある。
  みかどパン店③
 パン店の手前にある不思議な建物は日本画家アランウエストさんの作業場兼画廊「絵処」である。
  みかどパン店④
 パン店に外壁に付いている琺瑯看板である。古い町名が記されている。琺瑯看板は時として町の歴史を教えてくれる。
  みかどパン店⑤
 パン店を守るようにヒマラヤ杉が生えている。右手後ろに見えるのは妙行寺の山門である。
  みかどパン店⑥
 パン店ではヒマラヤ杉に因んだラスクやクッキーを販売していた。
  みかどパン店⑦
 パン店の前の寺院の塀に貼ってあったポスターである。この静かな寺町にも開発の圧力がかかり始めているようだ。
  みかどパン店⑧
 三叉路に建つことから屋号は三角、「みかど」と称したという。
  みかどパン店⑨
 根津方向に歩き振り返ると、どっしりとしたヒマラヤ杉がまたお出でと見送ってくれた。
  1. [ edit ]
  2. 建物
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

建物のLandscape 9

墨田区押上、向島 墨田の酒店
   熊田酒店①
 墨田区押上三丁目の路傍、熊田酒店である。瀟洒な店舗だが、営業はしていないようだ。
  熊田酒店②
 「緑」の字の隣の傾いている文字は「屋」か。ほかに落ちてしまった文字があるのだろうか。どのような文字が並んでいたのか気になるところである。
  熊田酒店③
 緑の日除けテントの下にある自動販売機である。1番左は日本酒の1ℓ缶である。自販機で販売されている日本酒の1ℓ缶は初めて見た。その右側は、最近は目にしなくなったアサヒ本生ドラフトの1ℓ缶である。珍しい自販機である。
  押上三丁目レトロ電柱④
 この酒店の近くの路傍である。コンクリート製の電柱がある。既に役割は終えているが、商店街灯の名残だろう。
  押上三丁目レトロ電柱⑤
 上部の装飾部である。モダンなデザインである。左上部に東京スカイツリーが見える。
  押上三丁目レトロ電柱⑥
 電柱の銘板である。今も押上で営業している会社である。
  山田屋酒店⑦
 こちらは向島四丁目の路傍、山田屋酒店である。
  山田屋酒店⑧
 店舗の右に建つ自販機である。避妊具だろうと思っていたら・・・ 
  山田屋酒店⑨
 右から「さきいか」、「柿ピー」、「ピーナッツ」。100円。おつまみの自販機であった。
  飛木稲荷神社⑩
 以前報告した飛木稲荷神社の前を通った。空襲による焼け跡が残る銀杏は今年も綺麗な黄葉を見せてくれた。
  1. [ edit ]
  2. 建物
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

建物のLandscape 8

墨田区墨田 たぬき湯
 墨田区墨田三丁目の隅田湯が昨年の大晦日に閉店したと聞いた。墨田区の古い銭湯が気になり出かけた。
   たぬき湯①
 墨田区墨田二丁目の路傍である。スカイツリーの下に趣のある木造家屋がある。この建物は菓子店で、この店の前を過ぎて右を向けばたぬき湯である。
  たぬき湯②
 何か様子がおかしい。営業している気配が感じられない。
  たぬき湯③
 ここも閉店してしまったのかと思っていると、こんな貼紙があった。改修工事中だったのである。一安心である。新装なったら汗を流しにこよう。
  たぬき湯④
 手前の菓子店である。随分古い建物のようである。この付近は戦災を免れたというから、ひょっとしたら戦前の建築かもしれない。
  たぬき湯⑤
 二階の手すりを支える金具は、510日号で報告した墨田区見番通りにある店舗の軒下金具と良く似ている。
  隅田湯⑥
 たぬき湯の存続を確認したので、閉店した隅田湯がどうなったのか行ってみた。何と、まだ建物は残っているではないか。
  隅田湯⑦
 青瓦の二連アーチ型庇の下に男女別の入口がある。なんとなく花街の雰囲気が漂うモダンなデザインである。
  田中湯⑧
 もう一軒、気になる銭湯がある。墨田区墨田五丁目の狭い路地の傍らに建つ田中湯である。建物は小ぶりながら、千鳥破風屋根が前面にある伝統的な外観である。ここも営業を続けていて安心した。
  墨田5丁目理容店⑨
 近くの理容店である。ここも頑張って営業中。
  鐘ヶ淵駅近くの食堂⑩
 オムライス、親子丼、エビフライ定食、冷やし中華など何でもある食堂でナポリタンを食べて帰途についた。小皿に入っているのは粉チーズである。
  1. [ edit ]
  2. 建物
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -