fc2ブログ

Landscapes by the roadside

路傍学会


界隈のLandscape 118

上尾宿~桶川宿 中山道

 6月の上尾宿に続く中山道歩き旅で、今回は隣の桶川宿を目指す。

  上尾・桶川1

 上尾駅から歩き始めた。

  上尾・桶川2

 上尾市上町一丁目、図書館西交差点の路傍に石塔が建っている。

  上尾・桶川3

 右手で剣、左手でむんずとショケラの髪を掴んでいる6臂の青面金剛である。

  上尾・桶川4

 邪鬼も三猿もユーモラスである。米が供えられている。左下に見えるグリーンはコキアだろう。延享年間の作。

  上尾・桶川5

 青面金剛の先にある蕎麦店である。右に「日本刀承ります」とある。日本刀も売る蕎麦店であったようだ。蕎麦ファンの間では名の知られた蕎麦店だったようだが、昨年8月末に営業を終えている。

  上尾・桶川6

 上町二丁目、緑丘地下横断道交差点の路傍に彩の国平成の道標と中山道上尾宿に関する説明板がある。説明板の屋根の上には鍾馗像が載っている。この説明板によると屋根の上の鍾馗様は疫病神を追い払うという。

  上尾・桶川7

 これは上尾市仲町の呉服店で見かけた鍾馗像である。

  上尾・桶川8

 緑丘三丁目、久保西交差点近くの路傍に木々が茂った一画がある。

  上尾・桶川9

 手前はイタリア料理店で、その奥に板塀が続く屋敷がある。

  上尾・桶川10

 中を窺うことはできないが、板塀越しに大きな屋根が見える。紅花の仲買で財を成した須田家の屋敷である。この辺り一帯では1700年代の終わり頃から紅花の生産が盛んになり、高品質の「桶川臙脂」を産したという。

  上尾・桶川11

 上、町谷の路傍に奇妙な形をした樹木がある。近づいて見ると公孫樹であった。枝が切り落とされ電信柱のようになってしまっている。このような姿にするのであれば、植えるべきではなかったとも思う。

  上尾・桶川12

 いよいよ桶川市との境である。

  上尾・桶川13

 市境の近くに庚申塔が祀られている。かつての村境に建てられたものだろう。明和年間の造立である。

  上尾・桶川14

 桶川市に入ると、路傍に桶川宿の案内板が建っている。街歩きが楽になる分かりやすい地図である。

  上尾・桶川15

 桶川市東二丁目のクリーニング店の店先に路傍祠がある。

  上尾・桶川16

 祠内には地蔵尊が祀られている。地蔵尊に旅の安全をお祈りして、桶川宿の歩き旅を続けた。

  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

界隈のLandscape 117

葛飾区新宿~金町関所跡 水戸街道(その2)
 前号の続きである。
  新宿・東金町21
 葛飾区東金町六丁目、旧国道脇の道標から旧街道を進む。
  新宿・東金町22
 路傍の植え込みに隠れるようにして石塔がある。
  新宿・東金町23
 龍神使姫とある。この碑の由来は分からない。裏面には削られた跡があり、他の用途の石塔を流用したもののようである。
  新宿・東金町24
 龍神使姫碑の先、自動車が停まっているが、葛西神社の参道入口である。
  新宿・東金町25
 この参道の裏手で町名看板を発見した。狭い路地でこういう発見をすることに街歩きの喜びがある。
  新宿・東金町26
 旧街道を進むと古い医院の建物がある。
  新宿・東金町27
 電話の局番が2桁である。東京23区で局番が2桁であったのはいつ頃なのだろう。
  新宿・東金町28
 葛西神社の手前の土手に祀られている青面金剛は201632日号で報告している。文化年間の作である。
  新宿・東金町29
 葛西神社の西参道である。葛西神社は、上葛西、下葛西あわせて三十三郷の総鎮守であった。
  新宿・東金町30
 葛西神社の先には、以前報告した光増寺の山門が見えた。
  新宿・東金町31
 旧街道は江戸川の土手にぶつかる。
  新宿・東金町32
 土手上から見た旧道である。
  新宿・東金町33
 江戸川の河川敷である。画面奥の橋は外郭環状が通る葛飾大橋である。江戸川が改修されるまで、旧道はこの河川敷の中を通っていた。明治時代の地図を見ると、現河川敷には大規模な煉瓦工場も立地していたようだ。
  新宿・東金町34
 東金町ポンプ所前に「金町関所跡之記」と刻された石柱が建っている。金町関所は、水戸街道が江戸川を渡る地点に置かれた江戸の東の関門である。関所の施設がある一体は金町御番所町と呼ばれ、関所番が明治2年までその任に当たったという。
  新宿・東金町35
 今はゴルフ練習場となっているこの河川敷に御番所町があったのだ。対岸は2020524日号で報告した松戸宿である。明治44年には、ここに木橋の葛飾橋が架けられた。
  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

界隈のLandscape 116

葛飾区新宿~東金町 水戸街道

 新宿から金町関所跡まで葛飾区内の水戸街道の旧道を歩いた。

  新宿・東金町1

 葛飾区新宿を訪ねるのは2021829日号以来である。新宿四丁目から旧街道は金町方向へ延びている。旧街道の先に見えるのは金町駅前のタワマンである。

  新宿・東金町2

 新金線を渡る踏切は浜街道踏切である。明治時代、水戸街道は宮城県岩沼市までが「陸前浜街道」と呼ばれていた。踏切を越えるこの道が水戸街道であったことを今に伝えている。

  新宿・東金町3

 金町五丁目の路傍に古アパートがある。奥のシャッターの下りた店舗は中華料理店、手前はクリーニング店である。八角形の窓が二つ付いた店舗はスナックだったのではないか。いつ頃まで営業していたのだろう。

  新宿・東金町4

 外階段のペンキの剥がれ具合が味わい深い。

  新宿・東金町5

 近くのコンビニの店先にあったオロナミンCの看板である。テレビCMでは「うれしいとメガネが落ちるんです」というフレーズが流れていた。

  新宿・東金町14

 ここで旧街道は国道6号と合流する。

  新宿・東金町6

 合流して程なく京成金町線の踏切がある。踏切から京成金町駅に停車している4両編成の3500形が見えた。

  新宿・東金町7

 金町六丁目の金町広小路を過ぎると現国道は右へ曲がっていく。

  新宿・東金町8

 左側の旧国道を進むと常磐線のガードがある。

  新宿・東金町9

 第一浜街道ガードである。

  新宿・東金町10

 近くのバス停の名は「金町ガード脇」である。国道を跨ぐガードは地域のシンボル的存在なのかもしれない。

  新宿・東金町11

 東金町6丁目で旧街道は旧国道から右へ逸れる。分岐点に道標が建っている。

  新宿・東金町12

 側面に「金蓮院」と刻されている。

  新宿・東金町13

 旧国道の向こうには金蓮院の山門が見えた。

 金町関所跡を目指す歩き旅は次号へ続く。

  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

地蔵尊のLandscape 72

中野区本町、弥生町界隈の地蔵尊
  中野地蔵1
 中野区本町五丁目の路傍、ブロック塀に囲まれた一画に小屋根に守られた石仏が見える。
  中野地蔵2
 石塔が並んでいるが墓石のように見える。秋津子育地蔵尊と墨書された木柱が建っている。
  中野地蔵3
 地蔵尊の由緒などは分からない。
  中野地蔵4
 秋津子育地蔵尊の前の道を東に進むと本郷氷川神社が鎮座している。
  中野地蔵5
 社殿前右側の狛犬の子はお乳を飲んでいる。天保4年に麹町の鹿嶋屋が奉納したものである。
  中野地蔵6
 本郷氷川神社の南には神田川が流れ中野新橋が架けられている。新橋越しに西新宿の高層ビル群が見える。赤い欄干がかつて栄えた花街を偲ばせる。
  中野地蔵7
 橋の袂には丸の内線建設の際に架け替えられた新橋の擬宝珠が保存されている。
  中野地蔵8
 中野新橋の近くにある東京メトロ中野新橋駅である。駅名は神田川に架かる新橋に因むが、そのまま駅名にすると港区の新橋駅と同一になるので中野を冠したという。この名称が広く定着したことから、橋名も中野新橋に改めたという。
  中野地蔵9
 中野新橋から南へ下ると弥生四丁目の路傍に、以前報告した川嶋地蔵尊が祀られている。
  中野地蔵10

 川嶋地蔵尊から東に川島商店街が延びている。中程、弥生町三丁目の路傍に松島市場がある。

  中野地蔵11

 地域の食生活を支え続ける懐かしいマーケットである。

  中野地蔵12

 商店街を抜けると、弥生一丁目の三叉路に向台子育地蔵尊が祀られている。

  中野地蔵13

 堂宇の前には国旗掲揚塔がある。昭和4年に地元町会が建てたものである。

  中野地蔵14

 毛糸の帽子が大きく、地蔵尊の顔は良く見えない。寛政八年に念仏講が造立したものである。

  中野地蔵15

 地蔵尊の周りには千羽鶴が沢山納められ、今も地元の方々に大切にされている。

  1. [ edit ]
  2. 地蔵尊
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

界隈のLandscape 115

牛久宿~荒川沖宿 水戸街道(その2)

 8月3日号に続く水戸街道の歩き旅である。

  牛久・荒川沖21

 牛久市中根町の路傍のお宅である。水色のトタン屋根の重なりが面白い。

  牛久・荒川沖22

 軒下に明治ゴールド牛乳のベンチが見えた。

  牛久・荒川沖23

 ひたち野西二丁目、牛久跨道橋から見た学園西大通である。トンネルの上は「ひたち野うしく駅」である。丁度、特急ひたちが通過しているところである。ひたち野うしく駅は、1985年に開催された国際科学技術博覧会(科学万博)の臨時駅・万博中央駅の跡地に、1998年に開業した駅である。

  牛久・荒川沖24

 ひたち野西三丁目の路傍、理髪店の店先に「冷やしシャンプー」の幟が建っている。冷やしシャンプーは山形の専売特許だと思っていたが、猛暑日が各地で連続して記録されるようになり全国展開するようになったのだろうか。

  牛久・荒川沖25

 冷やしシャンプーを通過して北上を続けると、土浦市との市境に一里塚が現れた。

  牛久・荒川沖26

 国道の向いにも一里塚がある。向いにある一里塚は牛久市にあって、牛久市の史跡の指定を受け「中根一里塚」と呼ばれている。手前の一里塚は「荒川沖の一里塚」で、土浦市の史跡となっている。街道の両側で対になって一里塚が残されているのは珍しい。20152月に報告した北区の西ヶ原一里塚、20156月の板橋区の志村一里塚以来である。

  牛久・荒川沖27

 一里塚から600m程進むと、脇道の先に妙向寺の山門、本堂の大きな屋根が見える。

  牛久・荒川沖28

 境内には手入れの行き届いた庭園がある。

  牛久・荒川沖29

 荒川沖南区で旧街道は国道から右へ離れる。

  牛久・荒川沖30

 荒川沖西二丁目の路傍に古い店舗がある。

  牛久・荒川沖31

 軒下に琺瑯の電話番号票がある。この電話番号票の左の灰色の楕円もよく見ると「電話」の文字と数字「3」が読み取れる。これも電話番号票なのだ。

  牛久・荒川沖32

 さらに進むと黒板塀に囲われたお宅がある。

  牛久・荒川沖33

 荒川沖交番の手前に荒川沖天満宮がある。

  牛久・荒川沖34

 社殿前の右手に石塔、石柱に囲まれた一画がある。

  牛久・荒川沖35

 石柱に厳重に守られたこの石は何だろう。刻字は見えないようだが、力石か。

  牛久・荒川沖36

 この風化が進んだ石像は?青面金剛だろうか。決め手が無い。もう少し荒川宿を歩く予定であったが、暑さに負けて常磐線の荒川沖駅へと向かい、帰途に着いた。

  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

水辺のLandscape 2

葛飾区水元公園 都立水元公園

 葛飾区にある都立水元公園でアサザの花が咲き始めたと聞いたので、少し早起きをして出かけた。

  水元公園1

 広大な水元公園の東部にある権八池である。池の左側の水辺を覆っているのがアサザである。以前はあちらこちらの沼や池に見られたアサザだが、今では権八池が数少ない自生地となっているという。この池の周りにはアサザを保護する柵が設置されており、72日から94日の間の午前9時から10時に限って公開されている。

  水元公園2

 花は黄色でキュウリの花に似ている。環境省レッドリスト2020では「準絶滅危惧」となっている。

  水元公園3

 黄色の五弁は、一日花で午前中に開き、午後には閉じてしまう。

 アサザの次はオニバスである。

  水元公園4

 東京都の水産試験場の跡地にあるオニバス池である。池一面をオニバスの葉が覆っている。オニバスは都市化により一度絶滅したと見られていたが、水産試験場内で自生が確認され、昭和59年に東京都の天然記念物に指定されている。

  水元公園5

 葉を突き破り花が咲いている。

  水元公園6

 7月下旬頃~9月上旬頃まで、早朝に青紫色の可憐な花を咲かせるが、昼を過ぎると閉じ始める。

  水元公園7

 現地の職員が展示用のオニバスの葉を裏返して見せてくれた。裏面は暗紫色であった。この色と花の色は関係があるのだろうか。このオニバス池もアサザ同様開花期のみの公開である。

 オニバス池の前にはハス池がある。

  水元公園8

 水産試験場跡地の池に淡いピンク色のハスの花が咲いている。

  水元公園9

 ハス池の中には2本の橋が架けられ、身近にハスを見ることができる。

  水元公園10

 端正な姿のハスの花を楽しむには、午前の早い時間に訪れるのが良いようだ。

  水元公園11

 東京都と埼玉県の境にある小合溜である。古利根川の一部で、吉宗の時代に整備された水害防止、灌漑用の用水池である。水面の右側は埼玉県の三郷公園である。

  水元公園12

 これは2015816日の小合溜である。この頃はヒシが繁茂し、水面が見えない状態にあった。どうして急速にヒシが茂ったのか、人為的なものなのか、路傍学会の興味は尽きないが、水面を管理している葛飾区が除去に取り組み、2019年頃からヒシの繁茂は見られなくなった。

  水元公園13

 小合溜の水辺ではスイレンが白い花を咲かせ始めていた。

  水元公園14

 この後、ポプラ並木を通って広い水元公園内を散策し、帰途に着いた。

  1. [ edit ]
  2. 水辺
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

界隈のLandscape 114

牛久宿~荒川沖宿 水戸街道

 629日号の続きである。牛久宿から荒川沖宿を目指す。

 常磐線牛久駅から歩き始める。水戸街道は牛久駅の西側を通っているが、東口に出て、少し寄り道をした。

  牛久・荒川沖1

 東口の駅前広場にあるテラコッタは、牛久市がイタリアのグレーヴェ・イン・キアンティ市と友好都市となったことを記念して、地元の銀行が寄贈したものである。

  牛久・荒川沖2

 寄り道したのはここを見るためである。牛久シャトー本館である。牛久シャトーは、 浅草・神谷バーの創業者である神谷伝兵衛が、1903年に「牛久醸造場」の名で創業したワイン醸造場である。

  牛久・荒川沖3

 本館を通ると神谷伝兵衛記念館(旧発酵室)がある。

  牛久・荒川沖4

 記念館内には醸造用の樽が並んでいる。園内にはワイン貯蔵庫を改造したレストランもある。本館、発酵室、貯蔵庫は国指定の重要文化財となっている。

  牛久・荒川沖5

 牛久シャトーを後にして、水戸街道へ戻る途中に常磐線の踏切を越える。踏切の名前は「ぶどう園踏切」となっている。これは牛久シャトーに因むものだろう。

  牛久・荒川沖6

 田宮町の路傍に薬師寺の山門がある。150mに及ぶ参道の並木は牛久市の天然記念物に指定されている。

  牛久・荒川沖7

 水戸まで56㎞の標識がある所で旧街道は国道を逸れる。

  牛久・荒川沖8

 旧街道を300m程進むと再び国道に合流し、猪子町の路傍には大師像、地蔵尊を祀った一角がある。

  牛久・荒川沖9

 着物を召している地蔵尊である。

  牛久・荒川沖10

 この地蔵尊の近くの脇道を入ると石造りの蔵がある。

  牛久・荒川沖11

 この道を辿ると鹿島神社が鎮座している。

  牛久・荒川沖12

 鳥居には、若柴宿の星宮神社で見かけた角樽のような形をした藁細工がぶら下がっていた。

  牛久・荒川沖13

 参道に石塔が並んでいる。左端は廿三夜塔だろうか。

  牛久・荒川沖14

 街道に戻り、小野川橋の手前で圏央道の下を通る。圏央道を4車線化する工事が進められている。

  牛久・荒川沖15

 小野川を渡る。今年生まれたカルガモのファミリーが泳いでいた。

  牛久・荒川沖16

 牛久市中根町である。荒川沖宿を目指して水戸街道を歩く旅はまだ続く。

  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 391

足立区加賀、鹿浜界隈の青面金剛(その2)
 7月30日号の続きである。
  加賀・鹿浜21
 足立区鹿浜八丁目、折れた跡のある青面金剛から100m程東の駐車場の片隅に路傍祠がある。
  加賀・鹿浜22
 祠内には2体の青面金剛が祀られている。
  加賀・鹿浜23
 左の六臂の合掌像である。顔などは傷んでいる。衣の裾の曲線が面白い。
  加賀・鹿浜24
 邪鬼は顔を傾け懸命にもがいている。左側面に「鹿浜村押部」と刻されている。押部はこの辺りのかつての地名で、鹿浜七丁目に鎮座している「押部八幡神社」にその名を留めている。宝暦年間の作。
  加賀・鹿浜25
 右の青面金剛も六臂の合掌像である。どこか可愛らしい佇まいである。造立年は不明。
  加賀・鹿浜26
 駐車場前を道なりに進むと鳥居が現れた。
  加賀・鹿浜27
 鹿浜稲荷の扁額が掛っている。稲荷だが狐様の姿は見えず、由緒も分からない。
  加賀・鹿浜28
 鹿浜四丁目、鳩ケ谷街道の路傍、ハンバーガーショップの前に路傍祠がある。
  加賀・鹿浜29
 祠内には青面金剛と地蔵尊が祀られている。
  加賀・鹿浜30
 六臂の合掌像だが、大分傷んでいる。彫りが深い像だけに残念である。享保年間の作。隣の地蔵尊も享保年間の作であった。
  加賀・鹿浜31
 青面金剛の上部には盃状穴が穿たれていた。地蔵尊にも盃状穴があった。願掛けだろうか。
  加賀・鹿浜32
 ハンバーガーショップの東には以前報告した押部八幡神社が鎮座しているのだが、あれっ!社殿が無い!どうしたことか。
  押部八幡神社①
 これが2018411日号で報告した押部八幡神社である。鳥居の奥に立派な社殿があったのだ。
  加賀・鹿浜33
 石段を上れないので、境内の裏に回ってみた。富士塚もあったのだが、きれいさっぱり何もない。うーむ、社殿を建て替えるのだろうか。状況を見守りたい。
  加賀・鹿浜34
 この後、炎天下を西新井大師まで歩き、東武大師線に乗って帰途に着いた。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

青面金剛のLandscape 390

足立区加賀、鹿浜界隈の青面金剛
 足立区加賀、鹿浜界隈の青面金剛を訪ねるため、日暮里舎人ライナーの谷在家から歩き始めた。
  加賀・鹿浜1
 西へ進むと皿沼一丁目、五色桜通りの路傍に「皿沼不動」と呼ばれる永昌院がある。皿沼という地名はいかにも東部低地帯を連想させる地名である。
  加賀・鹿浜2
 境内に祀られている風邪ふうじ観音である。コロナ封じをお願いした。
  加賀・鹿浜3
 加賀二丁目の路傍に、加賀町会会館を示す看板が建っている。路地の奥に祠が見える。路地の右には貨車のワムが置いてある。倉庫にでも使っているのだろう。
  加賀・鹿浜4
 路地の奥に見えたのは煉瓦造りの祠であった。何をお祀りしているのか。
  加賀・鹿浜5
 町会会館の前に小堂があり、石仏が祀られている。
  加賀・鹿浜6
 地蔵尊の左は、板碑型の庚申塔である。説明板によると万治年間の造立とある。庚申塔としてはかなり古い部類だろう。
  加賀・鹿浜7
 庚申塔の上部には三猿が線刻されている。愛らしいデザインである。
  加賀・鹿浜8
 地蔵尊の前には青面金剛が祀られている。六臂の合掌像だが、損傷が激しい。明和年間の作。
  加賀・鹿浜9
 石仏の前には地蔵尊の顔が置かれていた。
  加賀・鹿浜10
 鹿浜八丁目に押部北公園がある。土地区画整理事業によって造成されたことが記されている。足立区内の公園は土地区画整理で生み出されたものが数多くある。
  加賀・鹿浜11
 鹿浜八丁目、押部公園近くの建物の間に路傍祠が見える。
  加賀・鹿浜12
 祠内には青面金剛が祀られている。全体に傷みが激しい。中程で折れて修復された跡がある。
  加賀・鹿浜13
 右手に剣、左手にはショケラを持っていたのか。造立年も読み取れない。厳しい時代を経てきた青面金剛である。
 足立区加賀、鹿浜界隈の青面金剛を訪ねる旅は次号に続く。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神社のLandscape 296

渋谷区代々木神園町 明治神宮
  明治神宮1
 202274日付の朝日新聞夕刊である。明治神宮の南参道鳥居が1920年の創建以来初めて建て替えられ、「くぐり初め式」が執り行われたことを伝えている。
  明治神宮2
 新しい鳥居を潜ろうと思い、JR原宿駅で下車した。新しい駅舎から見ると旧駅舎はすっかり撤去され、跡地は鋼板で囲まれていた。
  明治神宮3
 これは20208月に撮影したものだが、都内最古の木造駅舎がまだ建っていた。
  明治神宮4
 原宿駅東口を出たところである。旧駅舎跡地には、防火地域の基準に適した材料を用いて、旧駅舎のデザインを再現した建物を建てる予定があるという。
  明治神宮5
 20208月の東口である。屋根上の銅板葺きの尖塔がランドマークとなっていた。今後、どのような景観となるのか楽しみである。
  明治神宮6
 20187月の原宿駅である。関東大震災の翌年、ハーフティンバー様式で建てられた2代目駅舎である。
  明治神宮7
 この時は神宮橋の欄干の向こうに神宮の杜が見えている。
  明治神宮8
 神宮橋から代々木方向を見たところである。線路上の空間を利用した新駅舎の建設が始まっている。
  明治神宮9
 20194月、建設中の原宿駅である。見通しが悪くなり、少し残念。
  明治神宮10
 今年7月の原宿駅である。落ち着いた色彩が採用され、明治神宮側にも出入口が設けられている。
  明治神宮11
 これは以前の鳥居である。100年の風雪に耐えた風格漂う鳥居であった。
  明治神宮12
 新しい鳥居である。神々しい。
  明治神宮13
 初代は台湾産のヒノキ製であったが、新鳥居の柱には樹齢250年以上の吉野杉が使われている。
  明治神宮14
 境内側から見た新鳥居である。これから長きにわたり多くの参拝者を迎えてくれるだろう。

 この後、パワースポットとして人気の清正井を訪ねた。

  明治神宮15
 この地に下屋敷を構えていた加藤清正が掘ったとされる井戸である。静かに水が湧き出ている。 悪い気を浄化して運気を向上させるパワーがあり、特に金運アップに効果があるという。果たして路傍学会の運気は上がるか。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2022 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -