Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 168

葛飾区新小岩 照明寺
   照明寺①
 葛飾区新小岩三丁目の路傍、照明寺である。
  照明寺②
 本堂の右手奥、地蔵堂がある。その手前に青面金剛が祀られている。
  照明寺③
 笠のついた角柱型の八臂像である。明和年間の作。三眼、ショケラ持ちの八臂の剣人像である。
  照明寺④
 ショケラはほとんど失われている。像の右側は溶けたようになっている。火災にあったのであろう。所々に彩色が残っている。
  照明寺⑤
 彩色が施された斧とその柄である。細かく彩色されている。
  照明寺⑥
 上から二鶏、一邪鬼、三猿である。邪鬼の右上にいるはずの鶏は溶けてしまったのかだろう。口元に牙が覗いている邪鬼も赤く彩色されていたようだ。右の猿の手は邪鬼に届きそうである。造立直後はさぞ美麗な像であったのだろう。
  照明寺⑦
 六地蔵に見送られて境内を後にした。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30