Landscapes by the roadside

路傍学会


塚のLandscape 50

越谷市蒲生 蒲生の一里塚
   蒲生の一里塚①
 埼玉県草加市、綾瀬川に架かる槐戸橋から見た風景である。中央の大木が生えている所が蒲生の一里塚である。画面中央右の護岸上にあるログハウス風の建物は藤助河岸の荷の積み下ろし小屋を復元したものである。
  蒲生の一里塚②
 舟運で栄えた河岸跡の前にある藤助商店である。かつての繁盛の名残が感じられる。
  蒲生の一里塚③
 蒲生の一里塚である。日本橋から五里の一里塚。街道の東西に築かれていたが、現在は東側のみが残されている。埼玉県内の日光街道沿いに残る唯一の一里塚である。塚上には愛宕神社が鎮座している。
  蒲生の一里塚④
 現道より一段低い旧道沿いには六地蔵がある。かつては街道の往来を見守っていたのだろう。
  草加市かさね橋
 一里塚の下流、外環道の袂におくの細道を行く芭蕉と曾良を描いた壁画がある。
  草加市栄町馬頭観音①
 さらに下流へ歩くと路傍祠がある。
  草加市栄町馬頭観音②
 馬頭観音、青面金剛、水神が祀られていた。青面金剛は六臂の合掌像、邪鬼の顔には彩色の跡が見られた。馬頭観音に安全を祈願し、帰途についた。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -