Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 137

松戸市小金 小金八坂神社
   小金八坂神社①
 松戸市小金の路傍、小金八坂神社である。
  小金八坂神社②
 鳥居をくぐると左手に手水鉢がある。手水の衛生状態を保つために木枠を乗せ、透明のビニールで覆っている。猫の餌やりを禁止する旨の貼紙もあった。身を清める際には中央の簾部分を持ち上げて柄杓を使うのである。
  小金八坂神社③
 末社の奥に石造物が並んでいるのが見える。
  小金八坂神社④
 手前に二基の青面金剛像がある。共に六臂の合掌像で、宝暦年間の作。
  小金八坂神社⑤
 一番左の像の邪鬼である。何という体の捩じれか。三猿も恐れおののいている。
  小金八坂神社⑥
 左から二番目の像である。三眼の憤怒の形相である。
  小金八坂神社⑦
 上の像の邪鬼である。こちらはゆったりと悟っているのか。丸みを帯びた三猿も穏やかである。
  小金八坂神社⑧
 手水鉢の奥に力石が納められている。中央の石には文字らしきものが彫ってあるが大分薄くなっており、判読できなかった。近くの木の根元では猫が気持ちよさそうに昼寝していた。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30