Landscapes by the roadside

路傍学会


塚のLandscape 48

文京区浅草 浅草富士浅間神社
 岩波文庫の「江戸東京実見画録」を読んでいたら、「冨士の山開には、駒込、浅草、深川其他の冨士に於て、篠又は杉の小枝へ藁製の蛇を取付、厄払いなりと云って是を売るなり。」とあった。さらに読み進むと「江戸の三富士と云われたのは、駒込本富士町、浅草砂利場裏、それと深川八幡社境内のもの」とある。駒込、深川はわかるが、「浅草砂利場裏」ってどこだ? 江戸名所図会を丹念に調べてみた。
   浅草富士浅間神社①
 江戸名所図会の金龍山浅草寺の「其の五」(部分)である。この上辺の右に小山が描かれ「冨士」の文字が見える。ここだろうか。
  浅草富士浅間神社②
 次は、浅草寺の北方を示す江戸切絵図である。画面の右手は吉原である。画面中央に「不二権現」とある。ここであろう。
  浅草富士浅間神社③
 訪ねてみた。台東区浅草五丁目の路傍、2m程の擁壁の上に浅草富士浅間神社が見える。浅草寺の裏手、「浅草観音堂裏」の信号をまっすぐ北に進んだところである。この通りは「富士通り」という。
  浅草富士浅間神社④
 神社の手前にある公園は「富士公園」である。
  浅草富士浅間神社⑤
 神社前の小学校も「富士小学校」である。この学校の生徒は「富士っ子」と呼ばれている。江戸の三富士と言われただけあり、ここの富士は地域のアイデンティティーとしてしっかり根付いている。
  浅草富士浅間神社⑥
 昨年6月、この境内に富士塚が築かれた。表面は溶岩で覆われ、高さは1.5mほど。合目石も置かれている。
  浅草富士浅間神社⑦_
 山腹には子授け石なるものがはめ込まれている。
  浅草富士浅間神社⑧
 山頂である。浅草警察署の建物に遮られているが、石祠の参拝方向の先に富士山があるという。江戸三富士の復活である。
  浅草富士浅間神社⑨
 神社近くの文具店名にも「富士」が付いていた。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:4

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/08/07(月) 01:51:52 |
  3. URL |
  4. 雨宮清子(ちから姫)
新しい富士塚の「子授け石」を見て、
富士塚に力石が埋め込まれてるのはもしかして、こういう意味だったのかと思い知らされました。
少し調べてみようと思います。

昔の名称がそのまま生きているのも面白い発見ですし、それを再現する神社もなかなかやりますね。

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/08/07(月) 12:50:38 |
  3. URL |
  4. ご〜ご〜ひでりん
路傍学会長さま、こんにちは。

この場所は以前一度訪れたことがありますが、その時には富士塚はありませんでした。近年なぜか、復活する富士塚が増えているようですが、こういった文化が見直される傾向にあるのでしょうか。。。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/08/07(月) 19:04:25 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ちから姫 様
コメントありがとうございます。

確かに、力石を埋め込まれている富士塚は沢山ありますね。
しかし、この小さな子授け石から力石を連想するのは、さすがにちから姫様です。
研究の成果を楽しみにしております。
 路傍学会長拝

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/08/07(月) 19:11:48 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ご~ご~ひでりん 様
コメントありがとうございます。

この小さな富士塚が築造されたのは昨年の6月ですので、それ以前に参拝なさったのでしょう。
土地の謂を見直そうという動きは少しずつですが、散見されるようになってきたと感じております。
土地の歴史を見直し、愛着を持つことは大切なことだと思います。
 路傍学会長拝

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -