Landscapes by the roadside

路傍学会


界隈のLandscape 6

草加市神明 宿篠葉神明神社界隈
   宿篠葉神明神社①
 草加市神明一丁目、旧日光街道の路傍、宿篠葉神明神社である。草加宿の総鎮守である。
  宿篠葉神明神社②
 神明鳥居の笠木と貫の上面は、耐久性を高めるため銅板で覆われている。
  宿篠葉神明神社③
 かつての鳥居の礎石である。几号水準点が刻まれている。東京~塩釜間の水準測量を実施した時に刻まれたものである。草加市内には、2015118日号で報告した市の南部に位置する富士浅間神社の手水鉢と、市北部に位置するこの神社の2か所に几号水準点がある。
  宿篠葉神明神社④
 地元の功労者を顕彰する胸像の近くにある力石である。割れているものある。残念な気持ちがする。扱いが粗末な印象である。
  宿篠葉神明神社⑤
 旧日光街道の路傍にある丸形ポストである。もちろん現役である。「郵便差出箱1号(丸型)」が正式名称。
  宿篠葉神明神社⑥
 草加と言えば煎餅の町である。メッセージ入りの煎餅が店頭で販売されていた。
  宿篠葉神明神社⑦
 草加松原である。神明神社の北を流れる綾瀬川沿いの旧日光街道の松並木である。20143月に「おくの細道風景地」として国の名勝に指定された。
  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -