Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 164

松戸市二ツ木宮前 蘇羽鷹神社
   蘇羽鷹神社①
 松戸市二ツ木宮前の水戸街道の路傍、蘇羽鷹神社である。
  蘇羽鷹神社②
 境内に続く坂道を上るとかつて活躍した消防ポンプが大切に保存されていた。大正時代に地元の人々から寄付されたものである。
  蘇羽鷹神社③
 石段を上ると左手に庚申堂がある。中には延享年間の青面金剛が祀られている。ショケラ持ちの六臂の剣人像である。仰向けの邪鬼は胸を踏みつけられている。
  蘇羽鷹神社④
 庚申堂の脇には力石も納められている。
  蘇羽鷹神社⑤
 庚申堂と手水鉢の背後にも庚申塔が並んでいる。
  蘇羽鷹神社⑥
 79日号で馬橋王子神社の個性的な邪鬼を報告したが、ここの邪鬼もなかなかである。安永年間の邪鬼である。体を捩じりもがく。右手で鼻を掻いているのか。三猿も自由である。
  蘇羽鷹神社⑦
 文政年間の邪鬼である。髪を振り乱し、主尊の衣を強く引いている。こちらの三猿も自由なポーズである。
  蘇羽鷹神社⑧
 参道の反対側にも色々な講の石碑などが並んでいる。その中に青面金剛もある。
  蘇羽鷹神社⑨
 ショケラ持ちの六臂の剣人像である。大変奥行のある厚い石材を用いている。力強い像である。こちらは明治年間の作。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -