Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 131

松戸市中根 中根妙見神社
   中根妙見神社①
 松戸市中根の路傍、中根妙見神社である。
  中根妙見神社②
 拝殿の右手に浅間大神、庚申塔、富士登山記念碑などが並んでいる。その中に二手の青面金剛が祀られている。
  中根妙見神社③
 左手にショケラを持っている。台石は随分埋もれてしまい、三猿の顔だけがかろうじて見える。
  中根妙見神社④
 邪鬼は諦観の表情である。邪気の下には講の人々の名が並ぶ。
  中根妙見神社⑤
 棟瓦には妙見神社の文字が並んでいる。611日号で報告した安房須神社でも同様に文字が並んでおり、同じ大工の手によるのかと思ったが、安房須の文字は右から書かれており、やはり違うのだろう。
  馬橋駅①
 撮影を終え、馬橋駅で電車を待っていると、流山電鉄の旧西武の車両が進入してきた。
  馬橋駅②
 馬橋駅のホームからは鉄道用品株式会社のワムも見える。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30