Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 161

松戸市幸谷 幸谷赤城神社
  幸谷赤城神社①
 松戸市幸谷の路傍である。中央に見える木には注連縄が掛けてある。後ろに見える幸谷赤城神社の御神木である。大きなスダジイである。
  幸谷赤城神社②
 鳥居の前には、菅原道真公が大宰府に左遷される際に詠んだ有名な歌が彫り込まれていた。
  幸谷赤城神社③
 鳥居の脇には庚申塔に並んで、躑躅で半分隠れた青面金剛がある。
  幸谷赤城神社④
 三眼の六臂像。合掌の手が力強い。
  幸谷赤城神社⑤
 邪鬼は狛犬的であり、三猿の両側に鶏が浮彫されている。享保年間の作。
  幸谷赤城神社⑥
 さらに奥には青面金剛碑などいくつもの石造物が見える。
  幸谷赤城神社⑦
 不動明王であろうか。隣には狐も見える。
  幸谷赤城神社⑧
 文政年間に建てられた青面金剛碑の三猿である。不聞猿、不言猿が隅に彫ってある。同様に隅に彫る三猿は川口市横曽根神社の青面金剛像で報告したが、不聞と不言の位置がこことは逆であった。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -