Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 128

杉並区堀ノ内 堀ノ内熊野神社
 堀ノ内熊野神社①
 杉並区堀ノ内二丁目の路傍、堀ノ内熊野神社である。正面の鳥居は文化年間に奉納されたもので、杉並区内最古という。
 堀ノ内熊野神社②
 鳥居の横に立つ制札は石板に文字を刻んだものである。棹も石である。
 堀ノ内熊野神社③
 裏はこのようになっている。芸が細かい。
 堀ノ内熊野神社④
 社殿前の国旗掲揚塔である。昭和3年に地元の青年団が奉納したものである。文字は削り取られ、役目を終えている。
 堀ノ内熊野神社⑤
 寛政年間に奉納された手水鉢である。何故か蛇口が2つもある。カランを回してみると水が出たのは左側の蛇口のみであった。
 堀ノ内熊野神社⑥
 神輿庫である。大小2つの神輿があるが、大正12年の関東大震災の当日に浅草で買い求め、猛火の中を無事に帰着した「火伏の神輿」はどちらの神輿なのだろうか。路傍学会の興味は尽きない。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -