Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 126

松戸市新作 安房須神社安房須神社①
 松戸市新作の路傍、安房須神社の参道入口である。
安房須神社②
 参道に沿って庚申塔群が並んでいる。
安房須神社③
 彫りの深い六臂の合掌像の邪鬼である。大きな邪鬼は逃げ出そうとしているのか。三猿は驚き、うろたえている。
安房須神社④
 宝暦年間の合掌二手像である。邪鬼は主尊の両足の大きさと変わらぬほど小さい。千葉県東葛飾地域には14基の二手青面金剛像があるといわれていたが、最近は18基説もある。すべて同一の石工の手によるらしい。
安房須神社⑤
 ショケラを持つ六臂の剣人像の邪鬼と三猿である。邪鬼の胴は長く動物的であり、三猿は抽象的である。宝暦年間の作。
安房須神社⑥
 2個の幟礎石の隣に4個の力石が並ぶ。奥の力石は埋没しつつある。置き方を考えたい。
安房須神社⑦
 拝殿の棟瓦には安房須の文字が見える。
安房須神社⑧
 水位が随分低くなっていた天水桶ではボウフラ対策であろうか、金魚が泳いでいた。
安房須神社⑨
 脇参道の両側には孟宗の竹林が広がっている。竹の子はすっかり大きく成長していた。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

こんばんは

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/06/13(火) 21:23:43 |
  3. URL |
  4. いどきち
私の方は、神社にもよくいきますが、主に狛犬が目的です。
時には、井戸もGETすることができます。
神社は緑も多く、雰囲気が好きです。

Re: こんばんは

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/06/13(火) 22:01:16 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
いどきち様
コメントありがとうございます。

いどきち様のブログでは特に井戸に注目しております。
よくぞ路地の裏々まで丹念に調べていらっしゃる。
こんなところに井戸があるのか、といつも驚かせられています。
路傍学会も神社の落ち着いた雰囲気は大好きです。
 路傍学会長拝

管理人のみ閲覧できます

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/06/13(火) 22:22:05 |
  3. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/06/13(火) 23:24:48 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ちから姫 様
いつも楽しくブログを拝見しております。
とりわけ大王石の調査譚は興味深く拝読させていただきました。
江戸川区松本の写真はどこかに「路傍学会」と入れてくだされば結構です。
ブログを楽しみにしております。
 路傍学会長拝

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -