Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 157

練馬区高野台 長命寺
長命寺① - コピー
 練馬区高野台三丁目の路傍、長命寺の南大門である。
長命寺② - コピー
 境内の御影堂へ至る参道である。両側に石仏が並ぶ。
長命寺③ - コピー
 青面金剛が二基並んでいる。手前は正徳年間、奥は百年近く新しい享和年間の作。二基とも邪鬼は強く踏みつけられている。
長命寺④ - コピー
 参道は右に折れて御影堂が見えてきた。
長命寺⑤
 この橋の手前の青面金剛である。よく見ると、三猿の間に二鶏が浮彫されている。珍しい配置である。安永年間の作。
長命寺⑥
 こちらは六臂の合掌像である。顔が剥落するなど傷みが進んでいる。元禄年間の作。移されてきたものらしい。
長命寺⑦ 
 境内には力石も納められていた。
長命寺⑧
 笹目通り側の参道である。
長命寺⑨
 入口近く松である。枝を切り落とした断面の穴には新たな植物が芽生えていた。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -