Landscapes by the roadside

路傍学会


看板のLandscape 32

足立区関原 ライオン看板
朝日新聞17年5月24日東京川の手版 
 524日発行の朝日新聞「東京川の手」版の記事である。地域のシンボルとして親しまれてきた老舗呉服店の「ライオン看板」が修理されたという記事である。
 確か以前に撮影したことがあると思い、路傍学会ファイルを探してみた。あった。
足立区関原ひらさわ呉服店2015①
 20151月、足立区のランドスケープ事情に詳しい細岡氏に案内されて撮影したものである。
足立区関原ひらさわ呉服店2017②
 最近撮影したものである。わずかに浮き出ていた錆が無くなったほかは、全くと言って良いほど変化がない。
足立区関原ひらさわ呉服店2015③
 2015年の少し手前からのショットである。
足立区関原ひらさわ呉服店2017④
 2017年である。変わらぬ風情である。
 新聞記事によると、修理に当たっては、看板に薄い紙をあてて字の周りをかたどり、白く塗った下地にその紙を重ねて書き写したという。寸分違わぬはずである。
ひらさわ呉服店⑤
 こうした数字もそのままである。良い味を出している。
ひらさわ呉服店⑥
 店主の英断によって、みんなの思い出がこもっている看板が昔と変わらぬ姿を取り戻したことは素晴らしい。いつまでもこの路傍の風景が変わらぬことを祈りたい。
西新井ラーメン①
 「ぬか屋」さんの徒然日記を見て、是非訪れてみたいと思っていた西新井駅構内のラーメン店である。撮影後に寄ってみた。
西新井ラーメン②
 昔ながらの東京ラーメンである。こってり系がもてはやされている中、堂々の正統派醤油ラーメンである。昭和44年創業という。腹も心も満たされ帰宅の途に着いた。
  1. [ edit ]
  2. 看板
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/05/29(月) 20:43:47 |
  3. URL |
  4. ぬか屋
昔ながらの懐かしい中華そば満足され良かったのです。
今は凝ったスープのラーメンが主流の様ですが、醤油ベースの汁、ナルト、支那ちく
渦巻模様の丼の中華そばが一番ですね。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/05/29(月) 22:43:07 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ぬか屋 様
コメントありがとうございます。

ぬか屋さんのブログで見た西新井に行ってきました。
昔ながらの素朴な感じのラーメンが嬉しく、堪能しました。

いつの頃からか、支那竹をメンマと呼ぶようになりましたね。
 路傍学会長拝

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30