Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 156

品川区東大井 来福寺来福寺①
 品川区東大井三丁目の路傍、旧東海道から続く来福寺の参道である。
来福寺②
 参道の奥にある石段を上ると山門がある。門の向こうには手入れの行き届いた境内が見える。
来福寺③
 山門の左手、宝篋印塔の横に青面金剛が祀られている。六臂の合掌像で、邪鬼は見えない。貞享年間の作である。
来福寺④
 宝篋印塔の奥にこのような説明看板が倒れていた。庚申堂の説明である。ここに庚申堂があったのか。それらしい跡は見つからないのだが・・・・ 
来福寺⑤
 傍に祀られていた青面金剛である。いずれも台石から外されていた。どうしてこのような状態に置かれているのか、倒れた看板と関係があるのか。不思議である。
来福寺⑥
 山門の右手には山王鳥居が見える。奥の石段の上に見えるのは聖天堂である。
来福寺⑦
 鳥居脇の水盤である。縦長の珍しい形をしている。文化年間の作。
来福寺⑧
 水盤には聖天堂に祀られている歓喜天のシンボルである二股大根が彫られていた。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30