Landscapes by the roadside

路傍学会


橋のLandscape 9

江東区亀戸 亀戸天神内太鼓橋亀戸天神①
 江東区亀戸三丁目、蔵前橋通りの路傍である。藤まつりの広告旗が並んでいる。藤の季節である。
亀戸天神②
 亀戸天神社の参道である。鳥居の向こう側に太鼓橋が見える。
亀戸天神③
 鳥居を過ぎて最初の橋である。男橋と呼ばれている。
亀戸天神④
 広重の江戸名所百景「亀戸天神境内」(部分)に描かれた太鼓橋である。橋の奥に藤を楽しむ人々が描かれている。江戸時代にも既に藤の名所であった。
亀戸天神⑤
 これは1880年に撮影された太鼓橋である(小学館刊、「百年前の日本」より)。現在の女橋の場所か。この橋の形が外国人カメラマンの興味を引いたのであろうか。写真の左奥には、今はない門のような建物が写っている。
亀戸天神⑥
 これは社殿の前の女橋である。水面に映り込み、円を描いている。
亀戸天神⑦
 これは江戸名所図会の「亀戸宰府天満宮」(部分)である。池の周りには藤棚が巡っている。中央に男橋に相当する太鼓橋はあるが、女橋の所には平橋が架かっている。うーん、古写真の橋はどちらだ。
亀戸天神⑧
 境内の国旗掲揚塔である。菅原公に因む和魂漢才である。独特のデザイン。昭和39年に東京オリンピックを記念して建てられたもの。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/04/30(日) 23:10:41 |
  3. URL |
  4. ぬか屋
今晩は、ぬか屋です。行った事の有る神社がアップされました。
平井に墓参りの後「船橋屋」の葛餠を購入するする際立寄った事が有り今頃は
藤が綺麗でしょうね。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/05/01(月) 00:03:45 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ぬか屋様
コメントありがとうございます。
藤祭の期間中は大変な混雑になるので平日の早朝に行ってきました。
まだ船橋屋も開いてない時間でしたが、
それでも外国からの観光客が結構いらっしゃいまいした。
東洋的なるものに魅かれるのでしょうか。
 路傍学会長拝

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -