Landscapes by the roadside

路傍学会


門のLandscape 31

戸田市新曽 観音寺観音寺①
 戸田市新曽、観音寺の参道である。奥に見える仁王門は正徳年間に建てられた。納められている仁王像はさらに古く元禄年間の造立である。
観音寺②
 門をくぐると静謐な庭園が広がっている。
観音寺③
 新しい長屋門である。この門を出て、格式高い筋塀に沿って駐車場を通って振り返ると・・・
観音寺④
 都笹の中に庚申塔が見えた。
観音寺⑤
 苔に覆われているが、青面金剛座像か。
観音寺⑥
 六の合掌像である。下部に邪鬼、二鶏、さらに下に三猿がある。享保年間の作。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30