Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 146

中野区上高田 東光寺
東光寺①
 中野区上高田五丁目の路傍、東光寺の山門前である。
東光寺②
 山門を通り綺麗に手入れされている境内を進むと、左手に寛文年間に建てられた阿弥陀如来の庚申塔と並んで唐破風笠が付いた角柱型の青面金剛像が祀られている。
東光寺③
 顔は傷んでいるが、六臂の合掌像である。
東光寺④
 不明瞭になりつつあるが、邪鬼の両側に二鶏が浮彫されている。三猿は菱形パターンである。元禄年間の作。
東光寺⑤
 山門手前の墓地の六地蔵である。六道において衆生の苦患を救って下さる。合掌。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を拠点として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -