Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 142

墨田区向島 長命寺長命寺①
 墨田区向島五丁目、見番通りの路傍、長命寺の山門前である。境内の手前は幼稚園になっている。門を通り奥に進むと長命水と呼ばれる井戸や芭蕉の句碑がある。
長命寺②
 いざさらば雪見にころぶ所まで 数ある芭蕉の句碑の中で最も優れた一つであるという。 
長命寺③
 句碑の奥に無縁仏等を集めた一角があり、その背後にひっそりと青面金剛が祀られている。彫りの深い、綺麗な六臂の合掌像である。寛永年間に造立され、文化年間に再建されたものである。
長命寺④
 猿の顔、指など細かな細工が施されている。邪鬼が何か右手に持っている。
長命寺⑤
 近くの墨堤に国旗掲揚塔があった。昭和3年に地元の青年団の代表が寄贈したものである。掲揚柱を差し込む穴が残る威風堂々たる掲揚塔である。
長命寺⑥
 この傍にある野口雨情の詩碑である。 都鳥さへ夜長のころは水に歌書く夢も見る
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

こんばんは

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/03/07(火) 21:27:55 |
  3. URL |
  4. 雨宮清子(ちから姫)
「長命寺」って、確か「江戸名所図会」の中で、力石を持ち上げている男たちが描かれていた場所だと思います。

私、徹夜で名所図会を眺めて、その絵を見つけたんです。
残念ながら現在そこに力石はないんです。

Re: こんばんは

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/03/07(火) 23:30:51 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ちから姫様
コメントありがとうございます。

私の手元にある江戸名所図会は文庫版で、
力石を持ち上げている男たちを見つけることができませんでした。
図版のどのあたりに描かれているのか教えていただけませんでしょうか。
でも、いつも感じることですが、
ちから姫様の知見の広さには驚きです。
 路傍学会長拝

間違えました

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/03/08(水) 23:40:14 |
  3. URL |
  4. 雨宮清子(ちから姫)
会長様
ごめんなさい。間違えました。

力石を持ち上げている絵は今の荒川区でした。
絵図では「日暮里惣図 其四」(巻之五第十四の内)。

絵図の中央(右ページの絵」の上部に男たちと石、見物人がいます。
その右上に「舟つきば」とあり、
すぐ下に「青雲寺」と書き込みがあります。

同じ本ならページ112~113です。

Re: 間違えました

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/03/08(水) 23:55:27 |
  3. URL |
  4. 路傍学会長
ちから姫様
早速のお返事ありがとうございます。

姫と同じ文庫版を見ております。
なるほど112ページの青雲寺の上にそうした描写がありますね。

しかし、細かいこのような所もしっかりチェックなさっているのですね。
恐るべし力石研究者の眼 です。
今後も色々教えてください。
  路傍学会長拝



 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30