Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 136

流山市向小金 向小金香取神社
   向小金香取神社①
 流山市向小金二丁目の路傍、向小金香取神社である。鳥居前の通りは旧水戸街道である。
  向小金香取神社②
 鳥居の右手に青面金剛が祀られている。
  向小金香取神社③
 大型の六臂合掌像である。享保年間の作。三猿が2段になっている。別の像の台石を組み合わせたのであろう。邪鬼はヤモリのようなポーズである。
  向小金香取神社④
 境内には水準点が設置されていた。これまで明治時代に東京~塩釜間に設置された几号水準点を報告してきたが、これは国土地理院関東地方測量部が管理している現役の一等水準点である。ここの標高は24.0m。
  向小金香取神社⑤
 神輿庫の前に置かれている賽銭箱である。正面に向小金、側面に明治26年と記されている。この神社の歴史が刻まれている。
  向小金香取神社⑥
 二の鳥居は台輪のついた両部鳥居である。よく見ると木の部材が継がれており、丁寧な補修が続けられていることがわかる。
  向小金香取神社⑦
 一の鳥居の左に建つ一里塚の碑である。ここには旧水戸街道の日本橋から7番目の一里塚が設けられていた。碑の後ろにはかつて塚上にあった榎の巨木にちなみ榎の若木が植えられている。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -