Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 134

三郷市岩野木 富足神社
   富足神社①
 三郷市岩野木の路傍、富足神社である。
  富足神社②
 境内の手水鉢の蛇口である。鳳凰がモチーフとなっているのだろう。当然だが、捻ると水が出た。
  富足神社③
 社殿の左手に石造物群が並んでいる。
  富足神社④
 水神宮や猿田彦大神が並ぶ中に青面金剛も祀られている。
  富足神社⑤
 共に享保年間の作である。造立年に2年ほどの差があり、三猿のパターン、月日の様式が異なるものの、それら以外の表現方法は酷似しており、同じ石工の作と見て間違いないだろう。
  富足神社⑥
 これも六臂の合掌像である。側面に明和年間の紀銘年が見える。強い意志が感じられる像である。
  富足神社⑦
 二邪鬼が蠢く。不言猿は足に片手を伸ばし、三猿はリラックスモードである。
  富足神社⑧
 社殿の裏手の樹木の根元である。ぐるりと囲んでいる石は力石なのだろうか。文字はないようだが・・・ どう判断すべきか。路傍学会の興味は尽きない。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -