Landscapes by the roadside

路傍学会


塚のLandscape 49

葛飾区柴又 柴又八幡神社
   柴又八幡神社①
 葛飾区柴又三丁目の路傍、柴又八幡神社である。
  柴又八幡神社②
 社殿の裏に半球状の磨かれた石が見える。
  柴又八幡神社③
 島俣塚である。この神社は古墳の上に鎮座している。古墳は全長30m程の前方後円墳であるというが、墳丘はわからない。
  柴又八幡神社④
 社殿改築の際に出土した遺骨や遺品を納めた塚である。平成14年の調査では古墳周りの溝から柴又を舞台にした映画の主人公によく似た埴輪が出土し話題になった。社殿の下には石室が復元保存されているが通常は非公開である。東京低地で石室を伴う古墳はここだけであるという。
  柴又八幡神社⑤
 明治百年記念の国旗掲揚塔である。後ろに見える社号標は紀元2600年記念で建てられたもの。随分長い間人々の信仰を集めてきた神社なのである。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

青面金剛のLandscape 167

台東区今戸 慶養寺・瑞泉寺

 今号は台東区の今戸界隈にある青面金剛の報告である。

  慶養寺①

 まずは、台東区今戸一丁目の路傍、慶養寺の山門である。山門前の両側に力強い仁王像が安置されている。

  慶養寺②

 本堂の左手の奥に青面金剛が祀られている。

  慶養寺③

 舟形光背を持つ六臂像である。顔、手の一部が損なわれているが丁寧に彫られている像である。手にしているものは何だろう。延宝年間の作。台東区の有形民俗文化財に指定されている。

  慶養寺④

 境内には雷神像も祀られていた。

  瑞泉寺①

 こちらは今戸二丁目の路傍、瑞泉寺の山門前である。

  瑞泉寺②

 本堂前の左手、自動車の後ろに青面金剛が祀られている。

  瑞泉寺③

 上部が欠損し日月が失われているが六臂像である。右手に宝鈴を持っている。

  瑞泉寺④

 邪鬼と三猿はゆるい三角形に納まっている。面白いデザインである。邪鬼は合掌しているようである。元禄年間の作。こちらも台東区の有形民俗文化財である。

  熱田神社

 すぐ近くにある熱田神社には「陰陽丸」という刀身280㎝、全長368.5㎝に及ぶ大太刀があるという。境内からはスカイツリーが見えた。

  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神社のLandscape 136

流山市向小金 向小金香取神社
   向小金香取神社①
 流山市向小金二丁目の路傍、向小金香取神社である。鳥居前の通りは旧水戸街道である。
  向小金香取神社②
 鳥居の右手に青面金剛が祀られている。
  向小金香取神社③
 大型の六臂合掌像である。享保年間の作。三猿が2段になっている。別の像の台石を組み合わせたのであろう。邪鬼はヤモリのようなポーズである。
  向小金香取神社④
 境内には水準点が設置されていた。これまで明治時代に東京~塩釜間に設置された几号水準点を報告してきたが、これは国土地理院関東地方測量部が管理している現役の一等水準点である。ここの標高は24.0m。
  向小金香取神社⑤
 神輿庫の前に置かれている賽銭箱である。正面に向小金、側面に明治26年と記されている。この神社の歴史が刻まれている。
  向小金香取神社⑥
 二の鳥居は台輪のついた両部鳥居である。よく見ると木の部材が継がれており、丁寧な補修が続けられていることがわかる。
  向小金香取神社⑦
 一の鳥居の左に建つ一里塚の碑である。ここには旧水戸街道の日本橋から7番目の一里塚が設けられていた。碑の後ろにはかつて塚上にあった榎の巨木にちなみ榎の若木が植えられている。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

界隈のLandscape 7

千代田区 日比谷公園界隈(その2)
   日比谷公園①
 千代田区日比谷公園である。蝉時雨の中、白百合が咲いていた。
  日比谷公園②
 64日号で日比谷公園界隈を報告したが、今回はこの公園内の雲形池で、池の水を抜き、水生生物を捕獲し、観察する会が開催されると聞き訪れた。この観察会は公園管理者とテレビ局との協力により実現した。
  日比谷公園③
 池の中に3基の水中ポンプを設置し、水を抜く。
  日比谷公園④
 水は園内のマンホールへ排水する。
  日比谷公園⑩
  園内の看板である。不届き者がいるようだ。今回の観察会は特定外来生物の駆除も目的の1つである。
  日比谷公園⑤
 3時間ほどして水位が下がり、底が見えるようになった。いよいよ水生生物の捕獲である。
  日比谷公園⑥
 タレントの小島瑠璃子さんも大きな鯉を捕らえていた。
  日比谷公園⑦
 捕獲した生物は、子供達が観察し、外来生物と在来生物とに区分した。
   日比谷公園⑧
 作業中の水槽である。手長エビ、ヨシノボリ類などの魚類のほかトンボのヤゴも見える。このほかにスッポンやイシガメなども捕獲されていた。
  日比谷公園⑨
 最後にバキュームによって水質悪化の原因となる汚泥を除去し、この日の観察会は終了した。池の水位が回復した後、在来生物は池に戻される予定。都心のオアシスである日比谷公園の池が澄みわたり、健全な生態系が保たれることを願いたい。
  1. [ edit ]
  2. 界隈
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神社のLandscape 135

三郷市仁蔵 仁蔵稲荷神社
   仁蔵稲荷①
 三郷市仁蔵の路傍である。朱色の鳥居の奥、ブロック塀に囲まれて仁蔵稲荷神社がある。
  仁蔵稲荷②
 社殿の右手に仙元大菩薩と並んで青面金剛が祀られている。
  仁蔵稲荷③
 ショケラ持ちの六臂の剣人像である。大変綺麗な像である。地域の人々に大切にされてきたのであろう。
  仁蔵稲荷④
 ユーモラスな邪鬼である。三猿は行儀がよろしい。宝暦年間の作。
  仁蔵稲荷⑤
 青面金剛の右に建つ仙元大菩薩である。天保年間の造立である。67日に報告した武蔵野市・杵築大社の富士塚にも仙元大菩薩の石祠があった。仙元という表現は、角行が江戸時代に用いたという説や、富士山が霊山神仙の源境であることから仙元と記すという説もあるが、なぜ仙元なのかよくわからない。
  早稲田①
 この稲荷の近くの三郷市早稲田の路傍である。あるお宅の庭に祠が見える。
  早稲田②
 お邪魔してみると、不動明王が祀られていた。よく見ると下に二童子を従えている。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

塚のLandscape 48

文京区浅草 浅草富士浅間神社
 岩波文庫の「江戸東京実見画録」を読んでいたら、「冨士の山開には、駒込、浅草、深川其他の冨士に於て、篠又は杉の小枝へ藁製の蛇を取付、厄払いなりと云って是を売るなり。」とあった。さらに読み進むと「江戸の三富士と云われたのは、駒込本富士町、浅草砂利場裏、それと深川八幡社境内のもの」とある。駒込、深川はわかるが、「浅草砂利場裏」ってどこだ? 江戸名所図会を丹念に調べてみた。
   浅草富士浅間神社①
 江戸名所図会の金龍山浅草寺の「其の五」(部分)である。この上辺の右に小山が描かれ「冨士」の文字が見える。ここだろうか。
  浅草富士浅間神社②
 次は、浅草寺の北方を示す江戸切絵図である。画面の右手は吉原である。画面中央に「不二権現」とある。ここであろう。
  浅草富士浅間神社③
 訪ねてみた。台東区浅草五丁目の路傍、2m程の擁壁の上に浅草富士浅間神社が見える。浅草寺の裏手、「浅草観音堂裏」の信号をまっすぐ北に進んだところである。この通りは「富士通り」という。
  浅草富士浅間神社④
 神社の手前にある公園は「富士公園」である。
  浅草富士浅間神社⑤
 神社前の小学校も「富士小学校」である。この学校の生徒は「富士っ子」と呼ばれている。江戸の三富士と言われただけあり、ここの富士は地域のアイデンティティーとしてしっかり根付いている。
  浅草富士浅間神社⑥
 昨年6月、この境内に富士塚が築かれた。表面は溶岩で覆われ、高さは1.5mほど。合目石も置かれている。
  浅草富士浅間神社⑦_
 山腹には子授け石なるものがはめ込まれている。
  浅草富士浅間神社⑧
 山頂である。浅草警察署の建物に遮られているが、石祠の参拝方向の先に富士山があるという。江戸三富士の復活である。
  浅草富士浅間神社⑨
 神社近くの文具店名にも「富士」が付いていた。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:4

琺瑯看板のLandscape 26

墨田区東向島 住居表示
   東向島①
 墨田区東向島三丁目、向島百花園近くの路傍、琺瑯看板がある。ブロック造の小屋の外壁に取り付けられている。
  東向島②
 寄贈者はメガネ店である。所在地は東武玉の井駅前とある。そうだ昔は玉の井だったのだ、今は東向島と呼んでいるが。そんなことを思い出した。
  東向島③
 東向島駅の近くを歩いてみたが、寄贈者を見つけることはできなかった。東向島を訪れた訳は、向島百花園で開催されている「大輪朝顔展」を見るためである。百花園に向かう途中でこの琺瑯看板を発見したのだ。
  百花園①
 涼やかな作品である。
  百花園②
 百花園は江戸時代に造られた花園で、文人墨客のサロンであった。
  百花園③
 桔梗である。後ろでは女郎花が咲き始めた。いずれも秋の七草。園内には多数の野草が植えられており、四季折々の花が来園者を楽しませてくれる。本年11日号で紹介した七草籠はこの向島百花園で作られたものである。
  1. [ edit ]
  2. 看板
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神社のLandscape 134

三郷市岩野木 富足神社
   富足神社①
 三郷市岩野木の路傍、富足神社である。
  富足神社②
 境内の手水鉢の蛇口である。鳳凰がモチーフとなっているのだろう。当然だが、捻ると水が出た。
  富足神社③
 社殿の左手に石造物群が並んでいる。
  富足神社④
 水神宮や猿田彦大神が並ぶ中に青面金剛も祀られている。
  富足神社⑤
 共に享保年間の作である。造立年に2年ほどの差があり、三猿のパターン、月日の様式が異なるものの、それら以外の表現方法は酷似しており、同じ石工の作と見て間違いないだろう。
  富足神社⑥
 これも六臂の合掌像である。側面に明和年間の紀銘年が見える。強い意志が感じられる像である。
  富足神社⑦
 二邪鬼が蠢く。不言猿は足に片手を伸ばし、三猿はリラックスモードである。
  富足神社⑧
 社殿の裏手の樹木の根元である。ぐるりと囲んでいる石は力石なのだろうか。文字はないようだが・・・ どう判断すべきか。路傍学会の興味は尽きない。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -