Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 74

文京区小日向 小日向神社
文京区小日向神社①
 文京区小日向二丁目、服部坂の路傍、小日向神社である。
文京区小日向神社②
 社殿前の狛犬の奉納者である。鼈甲屋、桶屋、紫屋とある。当時の氏子達の職業がわかる歴史的資料である。
文京区小日向神社③
 社殿の脇には割れてしまった文政年化の天水桶があった。空襲のせいだろうか。
文京区小日向神社④
 境内の手水鉢である。神馬か、背中に鱗のようなものも見える。ひょっとしたら麒麟か。路傍学会の興味は尽きない。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 99

新宿区筑土八幡町 筑土八幡神社
筑土八幡神社①_convert_20160427204600
 新宿区筑土八幡町の路傍、この町の名の由来である筑土八幡神社の参道下である。
筑土八幡神社②_convert_20160427204714
 石段の途中にある鳥居は、享保年間に下館藩の殿様が奉納したもので、区内最古の鳥居である。
筑土八幡神社③_convert_20160427204750
 石段を登ると、右手に百度石と並んで大型の庚申塔が祀られている。日、月、桃の木、二猿をあしらった舟形である。牡牝の猿が実の付いた枝を持っている。この構図は全国的に見ても大変珍しいものであるという。
筑土八幡神社④_convert_20160427204845
 桃を見つけた牡猿は嬉しそうである。鳥居とともに、区の有形民俗文化財である。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神社のLandscape 73

葛飾区東新小岩 上小松天祖神社
上小松天祖神社①_convert_20160424175529
 葛飾区東新小岩四丁目の路傍、上小松天祖神社である。
上小松天祖神社②_convert_20160424175608
旧社殿の裏手に力石が配された塚がある。山頂には浅間神社の石祠が鎮座している。富士塚であろうか。
上小松天祖神社③_convert_20160424175646
「 名をあげて 若き力の 花納め 」
明治29年に小松川清吉ほか6名の力持連中によって奉納された句碑。力士たちの心意気を詠んだ句である。区登録有形民俗文化財。

上小松天祖神社④_convert_20160424175716
鳥居の左に立つ国旗掲揚塔は昭和62年に建てられた機能本位のものである。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

青面金剛のLandscape 98

足立区新田 新田稲荷神社
足立区新田・新田稲荷①_convert_20160423104744
 足立区新田一丁目の路傍、新田稲荷神社である。左の幟立には村民喜楽と彫られている。喜び楽しみ生きたいものである。
足立区新田・新田稲荷②_convert_20160423104858
社殿の左手に、屋根に守られた宝暦年間の青面金剛が祀れている。ショケラ持ちの六臂像である。
足立区新田・新田稲荷③_convert_20160423104946
主尊が腹の上に立ち、邪鬼は苦しそうである。二鶏は小さく可愛らしい。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 97

北区神谷 自性院
北区神谷・自性院①
 北区神谷三丁目、環七の路傍、自性院の山門前である。
北区神谷・自性院②
 山門前左手に6基の石仏群が祀られている。
北区神谷・自性院③
 一番左の青面金剛は貞享年間の作。ショケラ持ちの六臂像である。邪鬼の上半身と下半身の向きが不自然なタイプである。
北区神谷・自性院④
 左から三番目の青面金剛である。同じく六臂像であるが錫杖を持ち、手がややこしいことになっている。
北区神谷・自性院⑤
 右胸に奉供養庚申待之処、左胸には建立年が刻まれている。寛文年間の作である。体に文字を彫るのは珍しいのではないか。
北区神谷・自性院⑥
 邪鬼や三猿はおらず、主尊は線刻された蓮葉の上にたっている。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神社のLandscape 72

台東区上野公園 五條天神社・花園稲荷神社
上野公園五條天神①
 台東区上野公園、五條天神社・花園稲荷神社の参道である。鳥居が続く坂は稲荷坂と呼ばれている。
上野公園五條天神②
 五條天神社と花園稲荷神社との間に石造物群が見える。柵の扉が閉じており近づけない。
上野公園五條天神③
 望遠レンズで撮ってみた。日月が庇のようであり、ショケラ持ちの青面金剛のようである。かなりきれいな彫りである。資料によれば享保年間の作であるという。奥には3猿付きの石塔も見える。是非近くで拝見したいものである。
上野公園五條天神④
 五條天神社境内の手水舎の照明である。見事な彫り物である。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 96

文京区向丘 大円寺
向丘・大円寺①
 文京区向丘一丁目、旧白山通りの路傍、大円寺参道入口である。
向丘・大円寺②
境内には恋のために放火をした八百屋お七を供養する地蔵尊が祀られている。地蔵堂に向かって左に2基の青面金剛がある。左が天明、右が元文年間の作。
向丘・大円寺③
天明の像は、三眼で憤怒の形相である。
向丘・大円寺④
邪鬼も完全に降参の体である。
向丘・大円寺⑤
元文の像の邪鬼である。おそ松のチビ太に似ていると思うのだが。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 95

北区田端 東覚寺
田端・東覚寺①_convert_20160413190649
 北区田端二丁目の路傍、東覚寺の門前である。
田端・東覚寺②_convert_20160413190720
 赤いかたまりが二つある。病気平癒を願う赤い紙で覆われた仁王像である。
田端・東覚寺③_convert_20160413190808
 現地で掲示されている紙に覆われていない仁王像の写真である。どんな病でも治してくれそうな迫力である。寛永年間の作。
田端・東覚寺④_convert_20160413190853
 境内には享保年間の青面金剛が祀られている。小振りであるが端正な像である。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神社のLandscape 71

文京区本駒込 駒込天祖神社
駒込天祖神社①_convert_20160410190509
 文京区本駒込三丁目の路傍、駒込天祖神社である。
駒込天祖神社②_convert_20160410190540
明治百年を記念して建てられた鳥居の脇に昭和13年建立の国旗掲揚塔があった。自然石を組み合わせた、珍しいタイプである。
駒込天祖神社③_convert_20160410190613
社殿右奥の裏参道脇に7基の庚申塔が祀られている。
駒込天祖神社④_convert_20160410190734
造立年が不明な六臂像の邪鬼と三猿である。邪鬼は見事に踏み付けられている。
駒込天祖神社⑤_convert_20160410190806
社殿右手には地蔵堂がある。正徳年間に創建された地蔵尊で、縁結び、咳止めにご利益があるという。
駒込天祖神社⑥_convert_20160410190855
神社の近くにあった看板である。建築現場等で用いる送風機であろう。わかりやすい商品名である。名は体を表しているか。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 94

文京区本駒込 江岸寺本駒込・江岸寺①
 文京区本駒込二丁目、本郷通りの路傍、江岸寺の門前である。
本駒込・江岸寺②
 境内には六地蔵に並んで元禄年間の青面金剛が祀られている。
本駒込・江岸寺③
 元禄の三猿は行儀がよろしい。
本駒込・江岸寺④
 瑞雲は彫りが深く立派である。
本駒込・江岸寺⑤
 近くの町内会の看板である。都会に暮らすにはルールを守らねばならない。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2016 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30