Landscapes by the roadside

路傍学会


神社のLandscape 38

板橋区氷川町 下板橋氷川神社
 下板橋氷川神社①_convert_20150429170702
 板橋区氷川町の路傍、下板橋氷川神社である。公孫樹並木が続く長い参道を抜けると大きな富士塚がある。
下板橋氷川神社②_convert_20150429170824
 板橋富士である。板橋区内では唯一江戸時代に築かれたものという。中山道の拡幅工事によって一部が削られてしまったが、区の登録文化財である。
下板橋氷川神社③_convert_20150429171035
 富士塚の脇に2基の青面金剛が鉄の柵に守られている。右が正徳年間、左が享保年間の作である。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神社のLandscape 37

板橋区南常盤台 板橋天祖神社
板橋天祖神社①_convert_20150426175356
 板橋区南常盤台二丁目の路傍、板橋天祖神社である。
板橋天祖神社②_convert_20150426175534
 皇太子御降誕記念の国旗掲揚塔である。掲揚柱の上に塩ビのキャップがついている。ひよっとして、使用時にはキャップをはずし、柱を差し込んで使うのか。路傍学会の興味は尽きない。
板橋天祖神社③_convert_20150426175708
 空襲で傷付いた弘化三年建立の狛犬の口の中ではヤモリが休んでいた。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

琺瑯看板のLandscape 12

新宿区原町 朝日屋豆腐店
原町3丁目朝日屋豆腐店②_convert_20150425095739
 新宿区原町三丁目の路傍、朝日屋豆腐店である。歴史を感じさせる佇まいである。
原町3町目朝日屋豆腐店_convert_20150425100006
 店頭にある琺瑯製の東京都豆腐商工組合の組合員証である。この組合の会員数は、平成26年2月1日現在、431人とのことである。毎日美味しい地元の豆腐を作ってくれる店舗の証である。全国豆腐連合会という全国組織もあるという。
  1. [ edit ]
  2. 看板
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神社のLandscape 36

新宿区新宿 西向天神社
新宿6丁目西向天神①_convert_20150422220626
 新宿区新宿六丁目の路傍、西向天神社である。太田道灌所縁の神社である。児童遊園となっている境内の奥に富士塚がある。
新宿6丁目西向天神②_convert_20150422220801
 東大久保富士である。大正14年に再築されたものという。弘化年間の石碑もあった。
新宿6丁目西向天神③_convert_20150422220938
 境内の国旗掲揚塔である。建立年は不明。掲揚柱も折れたままで、今では使用されていないが、ユニークな形状である。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のlandscape 35

北区岸町 金輪寺
金輪寺①_convert_20150419173741
 北区岸町一丁目の路傍、金輪寺である。この寺は明治初年に神仏分離により一時廃寺になったという。
金輪寺②_convert_20150419173907
 境内に正徳年間の六臂青面金剛と不動明王が並び立つ。
金輪寺③_convert_20150419174035
 不動明王の背面には文化七午年に建立し、天保二卯年に再建したとある。この20年ほどの間に何が起きたのだろう。大地震か、大火で倒れたのか。路傍学会の興味は尽きない。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 34

台東区浅草 待乳山聖天
待乳山聖天①_convert_20150418100807
 台東区浅草七丁目の路傍、待乳山聖天である。庚申塔が並ぶ中に、傷んでいるが小ぶりの青面金剛が2基祀られている。背後の築地塀は広重の絵にも描かれているという。
待乳山聖天②_convert_20150418100858
 境内には穏やかなお顔の出世観音もおわす。合掌
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

門のLandscape 12

新宿区原町 幸国寺
原町3丁目幸国寺①_convert_20150415232539
 新宿区原町三丁目、幸国寺の山門である。向かって右側に番所が設けられている。門に装飾は無いが、番所には懸魚の彫物が付いている。
原町3丁目幸国寺②_convert_20150415232700
 境内の公孫樹は区指定の天然記念物である。幹の周囲は5メートル以上という。
原町3丁目幸国寺③_convert_20150415232821
 調査日には淡黄緑色の桜、鬱金桜が満開であった。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

神社のLandscape 35

荒川区町屋 無名社・琺瑯看板
町屋2丁目①_convert_20150412172423
 荒川区町屋二丁目の路傍、桜草の咲く路地の奥に小さな社がある。この石畳の路地が参道のようにも見える。
町屋2丁目②_convert_20150412172610
 傍らの石碑には昭和11年に植木等を寄進したとある。どのような謂れがある社であろうか。
町屋2丁目③_convert_20150412172733
 この近くにあった琺瑯看板である。ペットマナーを守りましょう。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

国旗掲揚塔のLandscape 22

北区田端 上田端八幡神社
田端4丁目八幡神社①_convert_20150411103528
 北区田端四丁目の路傍、上田端八幡神社境内の国旗掲揚塔が見える。奥に見える寺院は大龍寺の本堂である。
田端4丁目八幡神社②_convert_20150411103943
 意匠を排し、見事なまでに実用に徹した質実剛健な国旗掲揚塔である。建立年すら記されていない。
田端4丁目大龍寺_convert_20150411104054
 この神社に隣接する大龍寺には俳人正岡子規の墓があり、子規寺とも呼ばれている。 
  1. [ edit ]
  2. 国旗掲揚塔
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

塚のLandscape 13

北区田端 田端八幡神社
田端2丁目八幡神社①_convert_20150408210804
 北区田端二丁目の路傍、田端八幡神社の参道入り口である。田端村のかつての鎮守だけに参道脇に多くの神輿庫が並ぶ。
田端2丁目八幡神社②_convert_20150408210924
 拝殿に至る石段の途中、右手に富士塚がある。田端富士である。大正時代に現在地に移築され、昭和29年に修築されたものという。
田端2丁目八幡神社③_convert_20150408211112
 拝殿前の狛犬の台座裏面には典都五十年紀年と彫られている。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2015 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -