Landscapes by the roadside

路傍学会


門のLandscape 11

練馬区氷川台 光伝寺
練馬区氷川台光伝寺①_convert_20150228111128
 練馬区氷川台三丁目の路傍、光伝寺の山門である。
練馬区氷川台光伝寺②_convert_20150228111259
 境内の鐘楼脇に青面金剛が祀られている。宝永年間の作。
練馬区氷川台光伝寺③_convert_20150228111417
 境内には練馬区の登録天然記念物のコウヤマキの大木がある。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

神社のLandscape 28

板橋区本町 縁切榎
板橋区縁切榎①_convert_20150225231750
 板橋区本町の路傍、縁切榎・榎稲荷神社である。皇女和宮が下向の際にはこの中山道を迂回したというほど、縁切りに非常に強い力を持つという。
板橋縁切榎②_convert_20150225232056
 今でも境内には縁切りを願う、このような絵馬が数多く納められている。板橋区登録文化財。
  1. [ edit ]
  2. 神社
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

国旗掲揚塔のLandscape 19

江東区東陽 大門通り
江東区東陽大門通り①_convert_20150222170825
 江東区東陽一丁目大門通りの路傍、皇太子殿下御降誕記念の国旗掲揚塔である。今上天皇のご誕生を記念するもので、現役である。建立したのは洲崎三業組合である。
江東区東陽1丁目大門通り②_convert_20150222170945
 三業地としての洲崎を今に伝える建物はほとんど姿を消してしまった。
江東区東陽1丁目①_convert_20150222171129
 すっかり変貌した街並みに、かつて大いに栄えた洲崎パラダイスを偲ばせる証人である。
  1. [ edit ]
  2. 国旗掲揚塔
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

国旗掲揚塔のLandscape 18

荒川区西尾久 尾久八幡神社
荒川区西尾久八幡神社①_convert_20150221113958
 荒川区西尾久三丁目の路傍、都電宮ノ前駅のホームから尾久八幡神社の国旗掲揚塔が見える。
荒川区西尾久八幡神社②_convert_20150221114106
 昭和39年、母の会が建立したもので、正面に母の歌が刻まれている。
荒川区西尾久八幡神社③力石_convert_20150221114222
 傍らにはかつてこの地域の男たちが力を競った五十八貫目の力石があった。
  1. [ edit ]
  2. 国旗掲揚塔
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

門のLandscape 10

板橋区大和町 智清寺
板橋区大和町智清寺①_convert_20150218194021
 板橋区大和町の路傍、智清寺の山門である。山門をくぐり、石橋を渡ると左手に青面金剛が祀られている。
板橋区大和町智清寺②_convert_20150218194240
 笠付の素朴な彫りである。建立年を読みとることはできなかった。
板橋区大和町智清寺③_convert_20150218194426
 本堂の左手奥には木下藤吉郎稲荷がある。太閤様の出世にあやかりたいものである。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

塚のLandscape 12

練馬区北町 北町浅間神社
練馬区北町浅間神社①_convert_20150215171323
 練馬区北町二丁目、旧川越街道の路傍、北町浅間神社である。境内を再整備する工事が進められていた。社殿の左手に富士塚がある。
練馬区北町浅間神社②_convert_20150215171443
 下練馬の富士塚である。明治以前に築造されて以来手が加えられ、昭和二年に現在の姿になったという。約5mの高さを誇る練馬区指定有形民俗文化財。訪れた時には参拝者が塚に登り、熱心に写真を撮っていた。
練馬区北町浅間神社③_convert_20150215171600
 境内には町会、在郷軍人会が建立し、今では使われなくなった国旗掲揚塔があった。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

青面金剛のLandscape 29

北区上中里 上中里庚申堂
上中里庚申堂①_convert_20150214105428
 北区上中里二丁目の路傍、上中里庚申堂である。堂内には三面八臂の青面金剛像が祀られている。
上中里庚申堂②_convert_20150214105744
 享保年間の作。300年の月日を経て、剥落も見られるが、綺麗な花が手向けられ地元の方々に大切にされている。
上中里庚申堂③_convert_20150214105926
 しかし罰あたりな者もいるようである。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 28

板橋区板橋 観明寺
板橋観明寺①_convert_20150211170653
 板橋区板橋三丁目旧中山道の路傍、出世不動と呼ばれている観明寺の門前である。奥に見える山門は近くにあった加賀下屋敷の通用門であるという。
板橋観明寺②_convert_20150211170807
 参道脇の覆屋の中にどっしりとした庚申塔が納められている。寛文年間の作である。
板橋観明寺③_convert_20150211171000
 青面金剛が刻まれた庚申塔としては都内最古のものであるという。板橋区の指定有形文化財。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:3

塚のLandscape 11

北区西ケ原 西ケ原一里塚
西ケ原一里塚①_convert_20150208153325
 北区西ケ原二丁目、日光御成街道の路傍、西ケ原一里塚である。日本橋から数えて2番目の一里塚である。旧道をはさんで一対の塚が現存している。
西ケ原一里塚②_convert_20150208153454
 大正11年には国の史跡に指定されている。市電の工事による撤去の危機も地元方々の運動によって乗り越えたという。この町の貴重な歴史遺産である。
西ケ原一里塚③_convert_20150208153626
 近くの酒屋では一里塚の名を冠した清酒を販売していた。塚はこの町のアイデンティティーである。
  1. [ edit ]
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

地蔵尊のLandscape 14

北区堀船 愛宕地蔵尊
北区堀船3丁目愛宕地蔵尊_convert_20150207111510
 北区堀船三丁目の路傍、都電を梶原駅で降りて商店街を歩くと、ほどなく愛宕地蔵尊が現れる。子どもの成長を見守ってくれるお地蔵さまである。調査時も手を合わせる方がいらした。
北区堀船3丁目都電もなか_convert_20150207111635
 この地蔵尊の近くに、都内に唯一残る都電をかたどった最中で有名な菓子店がある。
  1. [ edit ]
  2. 地蔵尊
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2015 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28