Landscapes by the roadside

路傍学会


路傍祠のLandscape 21

越谷市蒲生 道標と青面金剛
   茶屋通り路傍祠①
 越谷市蒲生一丁目、茶屋通りの路傍である。9月2日号で報告した「ぎょうだいさま」から数分歩いた所に路傍祠がある。
  茶屋通り路傍祠②
 不動明王像を乗せた道標と青面金剛が祀られている。
  茶屋通り路傍祠③
 道標には「是よ里大さがミち」と大書きされている。ここで旧日光街道から分岐する道は越谷市相模町にある大相模不動尊へと続いている。青面金剛は、六臂の合掌像である。
  茶屋通り路傍祠④
 邪鬼は正面を向き、両手で踏ん張っている。
  茶屋通り路傍祠⑤
 青面金剛の脇には願いが込められた小さな気功仏がたくさん納められていた。合掌。
  越谷市蒲生綾瀬川⑥
 近くの綾瀬川にあった看板である。この川には凶暴な河童が棲んでいるにちがいない。
  1. [ edit ]
  2. 路傍祠
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

路傍祠のLandscape 20

越谷市蒲生 ぎょうだいさま
   ぎょうだいさま①
 越谷市蒲生一丁目、茶屋通りの路傍である。
  ぎょうだいさま②
 祠があるが扉は無い。格子窓がある。中には「ぎょうだいさま」が祀られているという。
  ぎょうだいさま③
 屋根は全体を覆ってはおらず、中ほどに石が見える。
  ぎょうだいさま⑤
 格子から覗いてみた。斧を担いだ鬼だろうか。その上にはお神酒のようなもの見えるが、全貌はわからない。
  ぎょうだいさま④
 後ろに回ってみると、背後には屋根も壁も無かった。前面を見ることができない。祠を建て替えるために2012年には姿を現したという。その時の記録を見ると、日光街道の改修で砂利が敷かれたことを記念して地元の人々が建てたもので、「砂利道供養」と彫ってあり、石塔の上には鳥とも河童にもみえる像が石塔の上にあるとのことである。祠の前の「わらじ」は、道を歩く村人や旅人の安全を願って供えられてたものである。
  ぎょうだいさま⑥
 祠の後ろにある倉庫には置いてあった俵である。ドラマにでも使うのだろうか。
  1. [ edit ]
  2. 路傍祠
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

路傍祠のLandscape 19

大田区南馬込 長遠寺
    長遠寺①
 大田区南馬込五丁目の路傍、長遠寺の門前である。
  長遠寺②
 門前の祠の中央に青面金剛が祀られている。ショケラ持ちの六臂の剣人像だと思うのだが、ショケラを持つのは右手である。ショケラも立っているように見える。また、左手に持っている剣も小さい。独特な像である。右の像には寛政の文字が見えるが、風化が激しく何の像なのか不明であるが、馬頭観音かもしれない。原型をとどめていない左の像は何だろう。
  長遠寺③
 一邪鬼、二鶏、三猿である。邪鬼は小さくいじけている。不聞猿の手は耳を覆っているのか。延宝年間の作。
  長遠寺④
 境内にある六地蔵である。傷んだ六地蔵の前に新しい六地蔵が祀られている。六地蔵の世代交代である。
  長遠寺⑤
 手水鉢の後ろには数多くの石仏が祀られている。蝉時雨の中に立つ観音菩薩である。
  1. [ edit ]
  2. 路傍祠
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

路傍祠のLandscape 18

杉並区堀ノ内 地蔵堂 庚申堂
   堀ノ内地蔵堂①
 杉並区堀ノ内二丁目の路傍である。左の柱には地蔵堂、右には庚申堂とある。
  堀ノ内地蔵堂②
 塵取り、バケツが置いてあり、綺麗に清掃されている。
  堀ノ内地蔵堂③
 堂内である。右に青面金剛が二基安置されている。
  堀ノ内地蔵堂④
 右側の像である。笠付きの合掌六臂、丁寧に彫られた像である。三猿は菱形パターン。元禄年間の作。
  堀ノ内地蔵堂⑤
 左側の像である。こちらも合掌六臂像。三猿は内向パターン。享保年間の作である。
  堀ノ内地蔵堂⑥
 清掃の行き届いた堂内には、小ぶりな馬頭観音も祀られていた。
  1. [ edit ]
  2. 路傍祠
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

路傍祠のLandscape 17

流山市流山 味醂工場前流山三丁目庚申塔①
 流山市流山三丁目の路傍、土蔵風のナマコ壁模様の塀が続く中、路傍祠がある。塀は巨大な味醂工場のものである。
流山三丁目庚申塔②
 左の祠内には元文年間の駒形青面金剛が、祠外右側には文化年間の庚申塔が祀られている。
流山三丁目庚申塔③
 庚申塔の三猿である。どこか楽し気で、ユーモラスな感じである。市指定有形民俗文化財。
流山三丁目庚申塔④
 祠の扉の格子からみた青面金剛である。素朴な彫りである。地元の自治会では今日でも庚申祭を続けているという。
  1. [ edit ]
  2. 路傍祠
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -