Landscapes by the roadside

路傍学会


青面金剛のLandscape 170

江戸川区新堀 勝曼寺
   勝曼寺①
 江戸川区新堀一丁目の路傍、勝曼寺の門前である。4年前に訪れた時には本堂の工事中であった。工事が完了して境内も落ち着いてきた。
  勝曼寺②
 本堂の手前、左に石仏群が祀られている。この中に2基の青面金剛がある。
  勝曼寺③
 彫りの深い、六臂の合掌像である。元禄年間の像らしく三猿は菱形パターン。花立ての陰になっているが、三猿の左右に二鶏が浮彫りされている。
  勝曼寺④
 上の像よりも百年以上新しい文化年間に作られたショケラを持つ剣人像である。よく見ると三眼である。
  勝曼寺⑤
 しっかりと踏みつけられた邪鬼はなぜ、左手で顎を押さえているのか。不聞猿は何を叫んでいるのか。
  勝曼寺⑥
 参詣者を優しく迎えて下さる地蔵尊である。
  勝曼寺⑦
 手水鉢の吐水口である。石灰が付着したのか、不思議な色彩を帯びていた。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 169

大田区西蒲田 蓮花寺・妙成寺
 今号は、大田区西蒲田六丁目界隈にある青面金剛の報告である。
  蓮華寺①
 まず、大田区西蒲田七丁目の路傍、蓮花寺の山門である。
  蓮華寺②
 山門の左手前に石仏群があり、その中に青面金剛が祀られている。
  蓮華寺③
 彫りの深い、ショケラ持ちの六臂像である。剣人だと思うが、剣と剣を持つ手が失われている。三猿は彫り込まれた形である。享保年間の作。
  蓮沼熊野神社④
 隣接している蓮沼熊野神社の参道脇には力石があった。蓮沼の文字が読み取れる。
  蓮沼熊野神社⑤
 山門前の商店会の街路灯である。商店街灯には実に様々デザインがあるが、これはかなりごつい部類に入るのではないか。
  妙成寺⑥
 こちらも西蒲田六丁目の路傍、妙成寺である。
  妙成寺⑦
 墓地の入口前に庚申堂がある。堂内に青面金剛が祀られている。
  妙成寺⑧
 端正な六臂の合掌像である。元禄年間の作。
  妙成寺⑨
 コンクリート製の台石には別の三猿がいる。三猿の足元には穴が開いている。この穴は何だ。ここに三猿がいる意味は何だろう。路傍学会の興味は尽きない。
  妙成寺⑩
 庚申堂前の藤棚には藤の豆が沢山なっていた。この豆を見るといつも思うことだが、この大粒の豆は食べることができないのだろうか。食べ応えのある豆だと思うが。まあ、食べたという人の声も聞いたことはないのだが・・・ 
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 168

葛飾区新小岩 照明寺
   照明寺①
 葛飾区新小岩三丁目の路傍、照明寺である。
  照明寺②
 本堂の右手奥、地蔵堂がある。その手前に青面金剛が祀られている。
  照明寺③
 笠のついた角柱型の八臂像である。明和年間の作。三眼、ショケラ持ちの八臂の剣人像である。
  照明寺④
 ショケラはほとんど失われている。像の右側は溶けたようになっている。火災にあったのであろう。所々に彩色が残っている。
  照明寺⑤
 彩色が施された斧とその柄である。細かく彩色されている。
  照明寺⑥
 上から二鶏、一邪鬼、三猿である。邪鬼の右上にいるはずの鶏は溶けてしまったのかだろう。口元に牙が覗いている邪鬼も赤く彩色されていたようだ。右の猿の手は邪鬼に届きそうである。造立直後はさぞ美麗な像であったのだろう。
  照明寺⑦
 六地蔵に見送られて境内を後にした。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 167

台東区今戸 慶養寺・瑞泉寺

 今号は台東区の今戸界隈にある青面金剛の報告である。

  慶養寺①

 まずは、台東区今戸一丁目の路傍、慶養寺の山門である。山門前の両側に力強い仁王像が安置されている。

  慶養寺②

 本堂の左手の奥に青面金剛が祀られている。

  慶養寺③

 舟形光背を持つ六臂像である。顔、手の一部が損なわれているが丁寧に彫られている像である。手にしているものは何だろう。延宝年間の作。台東区の有形民俗文化財に指定されている。

  慶養寺④

 境内には雷神像も祀られていた。

  瑞泉寺①

 こちらは今戸二丁目の路傍、瑞泉寺の山門前である。

  瑞泉寺②

 本堂前の左手、自動車の後ろに青面金剛が祀られている。

  瑞泉寺③

 上部が欠損し日月が失われているが六臂像である。右手に宝鈴を持っている。

  瑞泉寺④

 邪鬼と三猿はゆるい三角形に納まっている。面白いデザインである。邪鬼は合掌しているようである。元禄年間の作。こちらも台東区の有形民俗文化財である。

  熱田神社

 すぐ近くにある熱田神社には「陰陽丸」という刀身280㎝、全長368.5㎝に及ぶ大太刀があるという。境内からはスカイツリーが見えた。

  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

青面金剛のLandscape 166

三郷市茂田井 茂田井熊野神社
   田茂井熊野神社①
 三郷市茂田井の路傍、茂田井熊野神社前である。幟立に「無量」の文字が見えるが、ブロック塀で見えない手前の幟立には「神徳」の文字がある。奥に見える鳥居は安永年間に奉納されたものである。
  田茂井熊野神社②
 提灯を吊り下げた叉木は、幟立のような構造の石に建っている。常に固定されているのだろうか。
  田茂井熊野神社③
 社殿の右手奥には石碑群がある。中央にある大きな石碑は三峯大権現である。ほかに雷電社、井戸水神宮などがある。この石碑群の右側に青面金剛がある。
  田茂井熊野神社④
 小振りな六臂の合掌像である。側面には安永年間の紀銘年が刻まれている。右に見えるものは何だろう。下部に三猿が見える。その上には「尊」の文字がある。青面金剛尊だろうか。周囲にそれらしい石片は無かった。
  田茂井熊野神社⑤
 小太りでちんまりした邪鬼である。三猿は見えない。台石に彫られていたのだろうか。
  三郷二丁目①
 三郷駅に向かう途中、三郷市三郷二丁目の路傍で祠を見つけた。
  三郷二丁目②
 正面から見てみると青面金剛が祀られていた。
  三郷二丁目③
 ショケラ持ちの六臂の剣人像である。彫りの深い像である。紀銘年は側面に彫ってあるのだろうか、不明である。
  三郷二丁目④
 邪鬼と三猿である。邪鬼は隆々として力強い。こうした思いがけない出会いが街歩きの醍醐味である。
  1. [ edit ]
  2. 青面金剛
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

路傍学会長

Author:路傍学会長
路傍学会へようこそ!
 東京東部を中心として、路傍の風景について学際的に考察するブログです。

路傍学会訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -